DIARY

TITLE : TIE

ファッションのトレンド、流行、流行り物に敏感である事は非常に大切な事だと思います。ファッション以外でも時代にマッチした物は様々あり、家電から飲食物、流行の人物や音楽、ライフスタイルの一部に至るまで今年のトレンドという物は存在します。何事にも敏感にアンテナを張っている人ほど、新しい突発的なアイディアや何か新しい物を生み出すには向いているのかもしれません。僕はと言うと自己分析をしてみるとわかる事ですが、そこまで敏感な人間ではないかもしれません。一度、良いと思った物がずっと良い物、不変的な物こそが良いと思っている節はあります。不変的な物という話は前回のDIARYでも書き綴ったもですが、それを物として考えた時、自分にとっては何なのかを考えてみたくなりました。ちなみに最近は朝、自宅で出勤時にネクタイを首に巻く事がまた多くなりました。自分の中では昔から、変わりなく、不変的な物ではありますが、今気分はネクタイになっています。ブランドとしてもネクタイはリリースしてきたアイテムでもあり、自社以外のネクタイも良く巻きます。
自分の中で不変的なスタイルはありますが、そこにも波があり、夏にはそんな気分ではありませんでしたが、今はネクタイを巻きたいし、タイドアップな洋服のスタイリングを楽しみたいと思っています。人間、その時、その時の気分は、マインドはあるものです。その中でも周期があり、自分の今の土台になっているものが回り回って戻って来るのは意外と良いものだと思っています。今年の冬はタイドアップなスタイルにネクタイを首元に飾り、冬のスタイルを楽しみたいと思います。気分が変われば、すべての見え方が変わってくるはずです。今年はそんなスタイルが自分の中ではテーマになっています。

Kentaro Motoki / Staff

TITLE : 流行は繰り返す 〜不変的と可変的〜

CALEEが不変的に掲げている事、渋谷カジュアル通称「渋カジ」。今季は特にそういった原点に返るラインナップだと感じています。実際80年代後半90年代、僕はその時代のファッションをこの目で見た訳ではなく、話でしか聞いた事がありません。ただ、東京裏原ファッションにおいても、この時代がなかったら、ただの若者ファッション文化として片付けられていただろうと思います。僕が好きだった10代後半から20代前半の必死になってアルバイトをし、原宿渋谷の街に繰り出したその情熱はきっと生まれなかっただろうと…。
ファッションのトレンドは良く10年周期で繰り返すと言われています。要するに「リバイバル」というものです。特にここから派生したのが、僕らの根源でもある、バイカー寄りのハードアメカジではないでしょうか。フライトジャケットやレザージャケットを羽織ったオイル臭いスタイルがCALEEの原点だと思います。僕もCALEEを10年以上自分の目で見て来て、創設当初と違う事は肌で感じます。ただ、不変的な部分がわかっているからこそ、そこに新たな光が差し込むような気がします。ANTIQUE ROLEX、MOTOR CYCLE、RED WING、VANSON、MILITARY、様々ありますが、CALEEが軸として持っているもの、そこに格好良さを感じた気がします。
ただ、時代の変化は不変的なものではありません。何も変わらないファッションスタイルは人間誰も飽きてしまいます。僕は個人的に変わらない物と変わって行く物は「≒」だと思っています。変わらないものや信念のどこにスパイスを加えて料理するか、そこからまた新たな光を差し込ませる事が出来るのではないかと。
何か面白い事を頭の中で構想する事が楽しいように、僕たちもそんな事を考えながら、古き良きものにスパイスを加えています。変わらない物、「不変」と変えていく物、「可変」の科学反応がどれだけ強力な物か、そして誰もが思いつかないような事を自分たちがどれだけ出来るのか、そこが今後も楽しみのひとつです。

Kentaro Motoki / Staff

TITLE : COMING SOON

8月に入り、間も無く2018A/Wコレクションの立ち上がりが開始致します。まだまだ残暑が続く気候の中ではありますが、ファッション業界では毎年の事ながらこの時期から長袖モノのアイテムをリリースし始めております。一般的な感覚としては、8月は夏本場という事もあり、暑さも厳しく、半袖ものをメインで着用する為、なかなか秋冬モノのアイテムをイメージはしづらいと思われます。そんな中でも私たちは少しでも多くのお客様にブランドの世界観や、コレクションアイテムの拘りを認知して頂きたいという気持ちから早い立ち上がりを提案し続けております。個人的にも今回のコレクションでは展示会時から携わる事が出来、ブランドの一員としていち早く各アイテムを拝見し、袖を通す事が出来ました。見た瞬間のデザインや、グラフィックで衝撃を受ける事は珍しくはありませんが、実際に着用してみて新たな良さを発見出来るケースもあります。皆様に各アイテムの実物をお見せ出来るのは少しずつではありますが、是非これからの毎週、毎月を楽しみにお待ち下さい。私たち、CALEE CREWが自信を持って一つ一つのアイテムをご紹介致します。
創立当初からブレずにブランドが持ち続けている『JAPAN PRIDE』。それは、毎シーズン新たな企画や、アイテムを打ち出しても変わる事無い永遠のブランドテーマであり、皆様に一番伝えたい事でもあります。2018A/Wコレクションを全てお披露目し終えた時、必ず今までを越えたと思って頂けるようなアイテムを取り揃えています。今シーズンの『CALEE』も是非ご期待下さい。

Koushi Sangawa / Staff

TITLE : SUMMER GIFT

猛暑の候、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。来週には8月に入り、あっと言う間の夏の訪れから過ぎ去って行くスピードは非常に早く、ついていくのにも必死になってしまいます。先日、東京の旗艦店ではアイスの販売イベントを行ったりと、夏らしいイベントやアイテムを考えながら、最近もデスクワークについています。東京と大阪という言わば日本の二大都市に直営店を構えるブランドである以上、直営店のあり方という部分はブランドの人間として常に考えています。店舗のヴィジュアル、ディスプレイ、また店頭でのサービスなど様々な角度からブランドの旗を掲げる以上、そこには妥協は許されないと常に思っています。また、それがすべてカスタマーサティスファクションに繫がる事であると常に信じています。洋服をビジネスとして行なっているからこそ、そこには僕らも期待に応える義務があると感じます。
最近では、夏のイベントの他に旗艦店限定のアイテムをリリース等も行なっている事は皆様もご存知ではないでしょうか。時には大阪のショップのみの限定アイテムをリリースしたり、またある時は東京限定であったりと直営店のあり方を最近問われているような気がします。CALEEの旗艦店として僕も店頭の方には立つ機会も勿論あり、そこにどんなモノやコトを繋げていけるかを常に考えています。僕たちから常に新しい事を発信して行く事がお客様の満足に繫がるのではないでしょうか。これからもSTEWARDS LANEは常に進化をしていきます。そこにお客様の喜ぶ顔や笑顔を見れる事を期待して…。

Please accept our best greetings for the hot season !

Kentaro Motoki / Staff

TITLE : PATTERN of COLOR

関東も梅雨入り間近になってきましたが、この毎年どんよりした季節が終わると本格的な夏が到来します。個人的にはいつも梅雨時期は夏に向けての充電期間の様なものの気がしています。洋服を楽しむ上でも、夏に向け様々な準備が必要だったりします。休日をしっかり過ごす為の時間を作る事、身体を鍛えて作り込む事、どんなスタイリングを楽しむか構想を練ったりと夏を思いっきり楽しむにはそれなりの準備が必要かもしれませんね。個人的には今年パターン物のシャツが気になっているものが多く、スタイリングをどう楽しむか、今から構想を頭の中でじっくり練っています。
CALEEというブランドにおいてパターンアイテムはどれを取っても拘りの詰まったアイテムが多く、それはすべてオリジナルで生地から作り込みを行なっている事が最大の理由です。ブランドとして、また生地の作り手が打ち合わせを何回も重ね、妥協を知らずに作り上げた生地、製作されて上がってきた時にはスタッフ皆の顔を見合わせて目に力が入る事が多いのはその一連の流れから生まれます。シーズンの中でも毎回生地の生産工程を直接出向き、見に行っている所もそこにしっかりと結びついています。そんなパターン物のシャツ、今回はどれを一張羅として着ようか今から構想を練る必要は十二分にありますね。

Kentaro Motoki / Staff

TITLE : 桜の下で何を思う…

関東では桜も満開を過ぎ、葉桜になり始めた先週末、やっと今年も花見をする事が出来ました。満開の桜に比べ、少し色の鮮やかさは劣りますが、個人的には好きな桜です。また、ここからもっと花が散り、葉で青々としてくると、夏の風物詩となっていきます。夏の俳句の季語でも使われる様に与謝蕪村の俳句「葉桜や奈良に二日の泊り客」でも蕪村の喉かな奈良観光を歌っています。桜を見ながら、今季のコレクションについてもいろいろ考えさせられる所が多く、自然と日本人らしいモノ作りという分野を個人的にも考えるようになりました。
今季のコレクションの中では、日本伝統衣装である法被をイメージしたアイテムが多く、その中でもロング丈の法被風コートを個人的には気に入って普段から着ています。一般的な法被と言われるものは腰丈または膝丈の物が多く、今回リリースしているような膝上まで丈のある物は極稀です。そこにCALEEならではの軸としているアメリカンカジュアルと日本の伝統衣装の融合だと考えます。

日本古来の伝統を引き継ぎながら、ジャガード織りで製作したネイティブパターンを表現したコートはまさに今季のテーマを象徴とするアイテムです。これからの時期もカットソーの上に羽織り、まだまだ活躍してくれそうです。


Kentaro Motoki / Staff



TITLE : CHANGE!!

仕事をする上で、気分転換は大事な事で、気分転換が出来る事により、また新たな可能性やアイデアが浮かんで来たりするものです。クリエイティブな
仕事であればある程、それぞれが個々の可能性を信頼し合い、共有する事でそれがチームとして機能するのではないでしょうか。CALEEというブランドも僕たちが行なっている
チームという事がまず第一前提にあり、そこから各々が派生している事だと思います。汗水流し働いた会社員が、大事な家族の元に家路を急ぐように僕たちには戻る場所があるからこそ、絶えず新しい事に取り組み、可能性を探す事が出来るのかもしれません。
可能性はどこに落ちているか誰にもわからないモノで、それは自分の足下かもしれませんし、時間の経過により見つかるモノもあるかもしれません。ただ、自分はその可能性を時間の経過や因果関係から見つかるのではなく、自分から見つけたいと常に思っています。それが「意図とした変化」ではないでしょうか。勿論自然と良い方向に向く変化は大事ですが、「意図とした変化」には必ず絶対的な裏付けが必要で、そこにもビジネスチャンスが転がっているのではないかと思っています。年を取るという事は変化を嫌うようになる、変化に対応出来なくなるという事だと自分は思っています。そうはなりたくない、自分の可能性を信じ、今年は仕事にもプライベートにも取り組んでいこうと思います。

Kentaro Motoki / Staff

TITLE : 忙中閑あり

1年とは本当早いもので、先日、新年を迎えたと思っていたら、もう師走も下旬に差し掛かる所、、、早いものです。今年1年、何か自分にとって飛躍があったかというと首を縦に振る事は出来るのだろうか。そんな事を考えながら、diaryを開いています。今年はブランドとして年2回のコレクションに変更、そして初参加したカタログの海外撮影と非常に内容の濃い、1年だったと思います。時代と共に変化するブランドでありながら、軸は決してブレないブランドであるためにも様々な所から発信し、受信を繰り返し、アンテナを張り続ける仕事というのはどんな仕事においても同じかもしれません。ただ、その時代の中で、地位を確立するというか、梶を自ずと取れるかという事は、どんな事においても課題であるのではないでしょうか。
僕は常に心の中で、大事にしている言葉があります。昔からことわざで「忙中閑あり」という言葉があります。意味としては難しい意味合いではなく、どんなに多忙な生活の中でも、わずかな暇は必ずと言ってあるという意味です。この言葉は僕が仕事と向き合う上で、大切にしています。1年を通してこの言葉に問い掛けてみた時、仕事に余裕は持てていたのだろうか。また、その余裕をどういう風に自分へのステップアップに繋げる事が出来たのだろうか。自分の中で、暇=仕事において僅かに垣間見れる余裕だと考えています。また、常にその余裕があるからこそ、仕事のクオリティーが上がると思います。自論を語ってしまう場になってしまいましたが、この一年間はその余裕が自分の中でも把握できる事が出来、自分の中で満足の行く仕事が出来た一年だと思います。また来年を考えた場合、その余裕を時間として残す事が出来、自分の趣味や違った人との繋がりにも向ける事が出来ればと思います。そう思うと、来年を迎えるのが楽しくなってきます。一年を振り返り、何を思うのか、思い返す事が大事であって、そこに絶対的な達成感はいらないと思います。達成や満足感ではなく、フィードバックに残りの時間を費やしたいと思います。

kentaro  Motoki / Staff

TITLE : 未来は僕らの手の中

先日、自民党衆議院の解散総選挙が発表されました。アベノミクスと銘打って行った政策もようやく実を結びはじめ、景気も上昇してきた矢先の出来事でした。安倍政権の中で一番景気に直結させた政策はやはりマイナス金利政策でしょう。日銀の黒田総裁とのタッグにより実現したこのマイナス金利政策は、その名の通り金利を抑えて国の国債返済が主な名目ではありましたが、金利が抑えられたことにより不動産投資での銀行借り入れがし易くなったことで土地の地価や国税庁が発表する路線価が上昇したことによる景気上昇が見受けられました。土地を多数所有する土地持ちの人は、相続税の基礎控除額が引き下げられたことと、マイナス金利の影響もあってか、相続税対策に不動産投資を選ぶ人が続出し、一時期は銀行の貸し出し額が何千億という金額をはじき出したことも要因に挙げられるでしょう。自宅を新築購入する場合も金利が1%を切っていたので、土地購入からの新築であっても十分余裕を持って家やマンションを購入する人が増えたのも背景にあったかたと思います。
しかし、ここに来ての解散総選挙は民進党の内部瓦解を足掛かりとした希望の党の新党出現により自民党の足場が脅かされる結果を招き、街頭演説などもお互いの批判を繰り返すのみというのが現状のようです。昔は、与党と野党の連立一大政権も実現しましたが、今となってはそれが良かったのか悪かったのか答えを出すのにもう少し時間を要するでしょう。日本における最高の政治家は誰か?個人的には田中角栄が最高の首相だったのではないかと思います。成立させた法律は200を超え、中国との友好条約の締結、北方領土返還ももうあと一歩の所まで迫り、日本列島改造論は今なお息づく政策ではないでしょうか。選挙ももう間もなくとなっております。このまま自民党が議席数を獲得出来ず、政権交代となれば日本の政治は地に堕ちるような気がしています。選挙は他人事と思っている方も多いでしょう。しかし、自分の子供や孫が生きる世界は今よりも良いものであって欲しいと願うのは恐らく誰もがそうでしょう。それには、政治がどうしても必要なもの。そう考えれば有権者である以上、選挙を真剣に考えなければいけませんね。

Naoto Monma / Writer

TITLE : TO PERUSE

秋物のリリースも増え、今週末17A/Wのブランドブックのリリースを控えた週末前に少しDIARYを開いてみました。店頭でもやはり秋口になると夏ヘビーローテーションで着用していたスニーカーより、足下はブーツが落ち着いて来ます。何でかと問われても難し問題で、答えはより明確なのかもしれません。CALEEというブランドにおいても、またアメリカンカジュアルという部分にとってもワークブーツという代名詞はなくてはならない存在だからという答えのみにつきます。ブランドとして毎シーズンリリースし続ける新作のブーツ、そこにはトップスやボトムス同様にJAPANというプライドを掛けた物作りがブーツにも表現されています。質実剛健な、そして日本人が考えるワークウェアとしてのブーツ、そして履く人独自のエンジングが楽しめる、そんな点がやはりスニーカーとは違った楽しみではないでしょうか。個人的には数年前にリリースされたこのレースアップのブーツが非常に気に入って良く履いています。秋になると、何故が自然とブーツが履きたくなる、それはCALEEのスタイルという中でも普遍的なものなのかもしれません。
僕らがブーツに拘る理由はそんな所から垣間見る事が出来ます。またスニーカーという物があるからこそのブーツである事は皆が思っている事です。スニーカーというスタイルとブーツというスタイルどっちがという答えは愚問であって、スニーカーを知った上で、ブーツに辿り着いているというプロセスは根源にあります。現行のアイテム以外にもヴィンテージのスニーカー、または老舗ワークブーツブランドのブーツまで様々な物に足を通し、自分たちがそこから気づいた事や学んだ事、それがCALEEのブーツでは表現されていると感じています。そんな事を考えているとこらからの秋冬のブーツの楽しみ方がひとつもふたつも増えて来るような気がします。

Kentaro Motoki /Staff

12