DIARY

TITLE : DIARY

秋冬のコレクションの展示会から一ヶ月半程経ち、今週海外出張に向かいカタログ撮影にてアメリカ、LAに行っていました。カタログ撮影の内容に関しては、勿論満足の行く形で終わる事が出来たのですが、それ以外に自分の中で今回海外撮影に同行できた事は、これからのマインドや経験としてかなり大きいと感じた一幕でした。そんな気持ちをすぐに綴りたくなり、日本に帰る飛行機の中、パソコンを取り出し、何か今純粋に感じている気持ちを書い止めたいと思い、機内の中でパソコンを開いています。
まず、一番の財産として感じたのは、直営店の店頭にも経つ人間として、今回のカタログの世界観、そしてサクセスストーリーを自分の肌、耳、目で感じる事が出来たという経験だと感じました。そういった事を自分がお客様に直接伝える事が出来る事が今回何よりも大きな財産になったと思います。また今回に関しては、アメリカ、LAの撮影だけに留まらず、初めて海外撮影で国境を越え、メキシコまで出向き、ロケーションにも今まで以上に拘り抜いたストーリーになっています。海外撮影のシビアさも感じた部分ではありますが、そこが予想を越えて上手くフィックスした事、そんな部分がさらに飛躍した良さを生んでくれたと思います。また、LAの空気感を直接肌で感じ、今何に人々が興味を示し、トレンド感があるのか、そんな部分も直接感じる事が出来た良い一幕です。
今回は本当に自分に取って、また人生に取っても非常に内容の濃い一週間だったと思います。ダイアリーという形で自分が感じたリアルな世界観、そんな気持ちのすべてを表現したくなったそんな帰路でした。
今回の撮影の内容を披露できるのは、まだまだ先にはなりますが、カタログがリリースされた時にそんなエピソードや気持ちを含め、お客様に今回の世界観を伝える事が出来るのが今から非常に楽しみで仕方ありません。

Kentaro  Motoki /Staff

TITLE : CHOICE IS YOURS

インターネットとの普及により、自分が10代の頃から様々な事が大きく変化してきています。SNSも普及し、沢山の情報が簡単に手に入る時代になりました。かなり便利になり、個人的にも活用しているというか、それなしでは生活出来ない程になっています。ただ、逆に言うと情報が溢れていて、本当に自分が欲しい情報の探し方も分かりづらくなっている様に思います。インターネットで文字を打込めば、正しいか正しくないかは別として、その文字に関連する何百件、何千件という量の情報が一気に現れます。その中から選ぶのは自分自身であり、選ぶ力も必要になっているのではないでしょうか。その情報は本当に正しいものなのか、信頼出来るものなのかを、情報を受け取る側として知識がなければ、誤った解釈をしてしまIいます。
洋服を提供する側としても、お客様に正しい情報を伝えていく事も重要になっています。CALEEが毎シーズン製作しているブランドブックは、情報が溢れかえっている現代の中で、ブランドとして伝えたい事がしっかりと詰まっています。インターネットで検索しても分からない、その空気感だったりシーズンのイメージが、紙の上で表現しているのです。春夏シーズンのブランドブックは3月に配布となり、目を通して頂いた方も多いと思いますが、夏が近づきもう一度見てみると、また違った発見があるかもしれませんよ。

今週から次回ブランドブックの海外撮影チームがアメリカへ向かいます。個人的にも今から楽しみです。

Masayuki Hayashi / Staff

TITLE : Meaning of going

6月も中旬に差し掛かり、梅雨時期真っ只中となる今日この頃ではありますが、個人的に先月を振り返ると出張に多くの時間を費やした事が真っ先に思い浮かびます。CALEEでは今シーズンの17SSシーズンからコレクションを年3回から年2回のコレクションに変更し、以前よりは仕事の効率化を図り、時間を作れるようになったことで地方への出張を増やすことが出来たように思います。ゴールデンウィークには金沢に、中旬には大阪に、末には群馬への出張と時間を見つけ地方への出張をさせて頂きました。
出張をすることで地方のお客様と直接お会いし、接することで、よりブランドイメージやアイテムに対しての想い、クオリティー等、細かい部分までお伝えすることが可能になります。また、普段は直接聞けないお客様の声も東京と地方とでは違うと思いますし、リアルに地方の現状を知ることが出来ると感じた5月の出張でした。またお店個々の個性もあり、それに付随したお客様と接することでお店の色も明確に感じることが出来たように思います。CALEEというブランドがありながら、同じアイテムでも行く先々で違った感性、違った意見、スタイリング等を見たり感じたりすることで自分自身も大きな刺激をもらえたように思います。
地方に行くことで取り扱い店だけではなく、それに関わるお客様、ブランドを好きで着用されている方の為にもブランドとして直接足を運ぶ意味を再認識し、これからのモチベーションにし、仕事に打ち込んでいきたいと思います。

Naoki Kikuchi / Staff

TITLE : BESPOKE ITEM

5月の大型連休、GWも終わり、仕事においてもプライベートにおいても一段落という方も多いのではないでしょうか。個人的にもやっと5月の中旬を終わりを迎えた今週、やっと仕事においては一息入れられそうです。GW中に関しては、全国の一斉発売となった別注アイテムが非常に印象に残った連休だったと思います。年3回のコレクションでアイテムをリリースしていた去年から一新し、今期から年2回のコレクションにブランドとして変更し、今期に関しても、それに合わせた別注アイテムを数多くリリースしています。そういったラインナップも常にスタッフ各自がアンテナを張り、何か新鮮な物を探し求めた探究心から生まれているものです。また、そういった所で、個々に思い入れがあったりするものです。ただ、そこまでに辿り着くためにも、マーケットのリサーチ、セールス、その中にバッティングがないかなど様々な企業連携から生まれるものである事は行ってみると良くわかります。
先日リリースされた海外のアウトドアブランドCLASS5のバックパックをベースにCALEEの別注としてリリースしたバックパック、そして老舗ブーツメーカーDANNERとのコラボで実現したレザーサンダル、どちらもCALEEならではのオリジナルのマテリアルがあり、その中に別注ならではの拘りが詰まっています。また、スポーツテイストやストリートスタイルにトレンド感がある今、そこにもフューチャーしたアイテムは年齢問わず、アウトドアからスポーツシーンまでしっかり抑えれるのでないでしょうか。また、そういったアイテムをリリースし続ける事がブランドとしての使命だと感じます。時代に取り残されず、常に目指す矛先はファッションの先端にあるようなそんなブランドでありたいと思った5月の週末でした。

Kenrtaro Motoki / Staff

TITLE : 温故知新

温故知新。
勉強が苦手な自分でも知っている四字熟語です。学生の頃から知っていた言葉でしたが、すぐに自分の人生に当てはめたわけではなく、少しづつ自分の中には入ってきた言葉でした。
特に、昔から存在するものからインスパイアーされ新しいものを生み出す様な、今就いている仕事をしているからこそ、この言葉がとても重く感じます。
また、自分も歳を重ね、自分と比べると、一回り以上も年齢が離れているお客様と接していると、新しきを知るといった事に関しては、かなり敏感な方も多いのですが、古きを温ねるといった癖がないというか、その行為自体をしないような方が多いような気がします。勿論それはダメな事ではないですし、実際新しいものは進化しているものなので、最先端のものを知っていれば良いですし、わざわざ古いものを調べたりする時間は必要ではないとする考えも分かります。
まぁ単刀直入に言いますと、面白いか面白くないかという事で、あとはどこまで好きになるかという事だと思っています。人間関係と同じで、表面上だけしか知らないと、何か引っかかって面白くないし、心から相手を好きになれないと思います。相手を探り深く知っていく事によって、その人の本当の面白さだったり人柄が分かり、本当の意味で信頼出来る人になっていくと思うのです。
CALEEでリリースしているアイテムも、何かコアな部分が隠されています。ベースになっているモデルだったり、シルエット。更にもっと深く突き詰めれば、製作した経緯だったり、製作に携わった人々など、アイテムの見た目からだけでは分からない根っこの部分です。
別に気にならないと言われたらそれまでですが、自分らが皆さまに提供している洋服は、それらも含めて一つのアイテムなのです。

Masayuki Hayashi / Staff

TITLE : Our watch

腕時計とは少し大げさに言ってしまえば、人類の英知が詰まった 人口の小宇宙のようなものである。腕にはまるほどのサイズであり ながら、その機構は複雑そのもの。世界に多数のコレクターが存在 するのもうなずける。 今では、ファッション業界においても市民権を得て、大人の身だしなみの 一つとして腕時計は欠かせない位置にいると言っていい。 CALEEでも腕時計はスタイリングに欠かせないアイテムと考えている。 中でもブランドイメージとしてその腕にスタッフが選ぶのはアンティーク ROLEXのスポーツウォッチであるGMTマスター。 程よいゴツさと、エレガントな佇まいを同居させたそのモデルは、 カジュアルからトラッド、ミリタリーに至るまでスタイルを選ばずに 身に着けられるユーティリティー性も兼ね備えたモデルだ。 回転ベゼルは季節によて付け替えて、夏には赤青のツートン、秋冬は シックにブラックベゼルに変えてみるのも良い。
そして改めて今季のカタログを見てほしい。 今季CALEE初となるコラボレートウォッチをリリース。 モデルは軍サブと呼ばれるミリタリーベースのスポーツウォッチだ。 文字盤、ベゼルをブラックで統一した精悍なブラックフェイスの腕時計 は、アメカジのスタイルにもよく馴染む。 いつだって我々アメカジ好きを魅了してくれる腕時計。

好きになって詳しくなればなれるほどに、その奥深い世界感に感銘を 受ける。先人たちにとって腕時計とはファッションでは無くギアだった。 そこには、グッドデザインもデザインファーストも存在しない。 ただただ今よりもより良いモノを作るという職人の想いは、使う人々の 生活が今よりも良いモノになればという願いに昇華したのだろう。 今季リリースのコラボレートウォッチはデザインファーストで作製した。 しかし、そこにはしっかりとCALEEの想いが込められていることを覚えて いてほしい。

Naoto Monma / Writer

TITLE : HARD WORKING PERSONS

日本人は勤勉で仕事熱心だと他国との違いを良く比喩される事があります。特にアジア圏の中でも日本はヨーロッパの諸国やアメリカに比べると圧倒的に有給取得日数が少ないようで、またそこに対して不満を持つ日本人も少ないそうです。有給取得の話はひとつの例えではありますが、勤勉で仕事熱心な日本人は他国から圧倒的な信頼を勝ち取って来た背景は語らずにはいられません。例えば、国産車という文化も先日、民放のドラマでちょうど同じようなテーマが放送されていましたが、海外の車文化が発展していく中、自家用車という部分を視野に入れ、あくまで一般の人々が乗れる乗用車を製作し、車の市民権を獲得したのも日本人の仕事への拘りの集大成だと感じます。日本人が拘りを貫き、妥協を許さず、まず、大切にして来た事、仕事において物作りという分野ではないでしょうか。
日本人がまず昔から大切にして来た事、物作りへの拘りは現在MADE IN JAPANというブランドネームとして世界から様々な物が評価されています。それは洋服におていも同じ事が言えます。そして、私たちも同じようにブランドとして拘りを貫いている部分はそこにあります。近年、和をテーマとしたアイテムは流行色が強く、CALEEでリリースしているオリエンタル柄のアロハシャツもそのひとつです。ハイビスカスやヤシの木などヴィンテージアロハシャツでは良く見られる柄はアロハシャツの王道ですが、日本人の物作りへの拘りが表現するために和を全面に押し出した今季のアロハシャツ、それは正しく、ブランドと様々な職人がしっかりと手を結んだ時にようやく表現出来るアイテムです。勿論、スタッフ各々にそういった物作るに関わる、拘りの覚悟があるからこと、イメージを具現化出来ると私も常に思っています。MADE IN JAPANという他国から長年の信頼から勝ち取った旗はまだまだ私たちはすべてを知った気になってはいけません。勿論終わりがないと思います。そこと常に向き合う為にも今季のオリエンタル柄のアロハシャツはここからまだ先に行くために、そして原点を忘れないためにも、心に刻んで置きたいアイテムのひとつだと私は思います。

Kentaro Motoki / Staff

TITLE : Youth

CALEEというブランドに携わり、今年の11月で丸4年の月日が経ちました。自分の中ではそこまで意識はなかったのですが、早い物で20代後半だった自分も気が付けば30歳を越えているのには少し驚きます。本当に時間とは経つのが早いもので、こういった自分にとって節目の時期には何かと昔の事を思い出てしまいます。今から11年前、自分はCALEEというブランドに出会い、今に至る訳ですが…。
まだ、当時はヤングカジュアルの中心は裏原ブランドのイメージが強く、ストリートブランドという言葉も世の中では少しずつ店着した2000年代初頭、様々なブランドもいろいろな角度に方向転換をしていき、綺麗めに着こなすストリート系から、ボトムスは極太のデニムで合わせたオーバーサイジングなスケーターファッションまで、いろいろ派生していった時代でした。その中でもストリートアメカジという言葉が世に出始めたのもこの頃だった思います。俗にいう西海岸のスケーターファッションのノリから派生した西海岸のアメリカンカジュアル、スケートなどのカルチャー以外にもバイクやカーなどのモーターサイクルカルチャーをバックボーンに背負い、どことなくルーズなボトムスにアメリカの土臭さを感じさせるファッションが流行り始めていた時代でした。CALEEとしても産声を上げた頃は、そんなストリート色を感じさせ、ストリートアメカジという言葉の世の中に定着した時代だったと思います。そんな時代にCALEEに出会い、自分の視点を通して様々なアイテムを見てきた自分の目は顧客という角度からの切り口として自分にとっては今一番の財産だと感じます。また、ブランドの人間としても物事やアイテムを客観的に見る事も時には必要であって、自分にとってはその経験や時間が自分だけのスペックのようなに感じています。12年という世の中的には短い時間かもしれませんが、この12年間にはたくさんの拘りや思い、携わってきた人間の人間性が詰まっています。
そんな事をこういった節目には思い出し、自分の中で原点に返り、自分がまた動き出す良い原動力になるものです。少し特殊かもしれませんが、すべてにおいて同じ事が言えると思います。昔や原点を振り返る事ですべてが解決する訳ではないですが、今の時代を生きる何かヒントにはなるのではないでしょうか。

Kentaro Motoki / Staff

TITLE : Two years pass…

11月よりSTAFF 安藤が転勤になるという事で、先日STEWARDS LANE OSAKAのお客様に集まって頂き、送別会を行いました。洋服の販売員とお客様の関係から派生し、一緒にお酒を酌み交わし、洋服の話しだけではなく、プライベートや仕事の話しなどで盛り上がる事が出来た楽しい夜会でした。
STEWARDS LANE OSAKAがオープンして2年が経ちました。東京の本店に立っていた時が懐かしいと思う位の感覚です。見知らぬ土地で生活する事は簡単な事ではありませんが、自分なりにも大阪の土地に慣れ、交友関係も広がってきました。ファッションの流れは勿論、人との接し方など、東京で培ってきた事を、そのままやる事だけが正解ではないとも感じています。
今回の様に、お客様とプライベートな時間を共有する事は、本店にいた頃はやっていなかった事でしたので、それはお客様にとって良い事なのか?という事をとても悩みました。ただ自分はどうしたいのかを考えた時に、SNSやWEBでのコミュニケーションが主流の現代社会で、もっと温かみのある繋がりを作れないのだろうかと考えたのが一番でした。自分が出来る事は、洋服という同じ共通点で集まる方々で、お互いが同じ意思を持っているのであれば、繋げる事も良い事なのではと思ったのです。自分が洋服の買い手だった頃、つまりまだアパレル業界に入る前、仕事以外で知り合った友人や先輩は、ほとんどが洋服で繋がっていたので、こういった時代ではありますが、普段からお店に通って頂いているお客様に対して、恩返しは出来ないのかなと始めたのがきっかけでした。
見知らぬ土地に来て、不安ばかりでしたが、今こうやって続けていけるのも、お客様がいてこそだと思っているので、自分としても今のお客様には大変感謝しています。
お客様それぞれで人生があり、その人生の中の一部にCALEEというブランドやSTEWARDS LANEというお店が存在しているだけでも素晴らしい事です。

今年も残り2ヶ月となりました。
これからも皆さんのライフスタイルの中にあり続けられるように、精進したいと思っています。

Masayuki Hayashi / Staff

TITLE : CALEE SOOTING IN JAPAN

本日事務所に、今季の秋冬コレクションカタログの最終色校正が到着致しました。今回の海外撮影ではロサンゼルスでの撮影となりましたが、前回同様に海外の壮大なロケーションは勿論のこと、アメリカのライフスタイルを切り取り日本では中々リアリティーの出せないアメリカならではの撮影を行うことが出来ました。また以前にも増し、写真だけではなく、レイアウトデザインでの加工やグラフィックを多用したデザインページも見所の一つとなっております。
それとは違い、前回ではLOOKBOOKと称していたスタイルページを大幅に変更致しました。今回のテーマの一つである”THE HIGHEST END”をベースにキャスティングの人選からモデルと変更し、海外のコレクションブランドを想起させる特集ページとなっております。今シーズンのコレクションラインナップが以前と比べ、カラーリングにはビビットなカラーを多く使い、オリジナルパターンをより多く作製し、ブランドの世界観をさらに独自なものにし、より洗練されたコレクションにしたことが、今回のカタログのベースとなっております。さらに、今回この二大特集は明るい屋外で撮影した海外特集と雰囲気重視で撮影した屋内撮影と、相反する物となっておりますが、ブランドの中にある2面性がより出ている特集ページとなっているのではないでしょうか。今回のカタログでは、このギャップも楽しんで頂ければと思います。リリースまであと少しお時間が掛かりますが、是非お楽しみに。

Hiromasa Takahashi / Press

1234