DIARY

TITLE : SUMMER GIFT

猛暑の候、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。来週には8月に入り、あっと言う間の夏の訪れから過ぎ去って行くスピードは非常に早く、ついていくのにも必死になってしまいます。先日、東京の旗艦店ではアイスの販売イベントを行ったりと、夏らしいイベントやアイテムを考えながら、最近もデスクワークについています。東京と大阪という言わば日本の二大都市に直営店を構えるブランドである以上、直営店のあり方という部分はブランドの人間として常に考えています。店舗のヴィジュアル、ディスプレイ、また店頭でのサービスなど様々な角度からブランドの旗を掲げる以上、そこには妥協は許されないと常に思っています。また、それがすべてカスタマーサティスファクションに繫がる事であると常に信じています。洋服をビジネスとして行なっているからこそ、そこには僕らも期待に応える義務があると感じます。
最近では、夏のイベントの他に旗艦店限定のアイテムをリリース等も行なっている事は皆様もご存知ではないでしょうか。時には大阪のショップのみの限定アイテムをリリースしたり、またある時は東京限定であったりと直営店のあり方を最近問われているような気がします。CALEEの旗艦店として僕も店頭の方には立つ機会も勿論あり、そこにどんなモノやコトを繋げていけるかを常に考えています。僕たちから常に新しい事を発信して行く事がお客様の満足に繫がるのではないでしょうか。これからもSTEWARDS LANEは常に進化をしていきます。そこにお客様の喜ぶ顔や笑顔を見れる事を期待して…。

Please accept our best greetings for the hot season !

Kentaro Motoki / Staff

TITLE : identity

CALEEのブランドアイデンティティーの一つでもあるモーターサイクルカルチャー。
自分がモーターサイクルというジャンルに興味を持ったのはいつだろうと考えてみると、中学生の頃に遡ります。当時時間があれば遊んでいた友人5つくらい離れているお兄さん、自分からすれば先輩が乗っているのを見たのがきっかけだったと思います。中学生後半から高校生にかけて自分らの中でバンドブームがあり、友達の家に集まってレコードを聴いたりVHSを見たり、ギターを弾いたりするのが学校が終わってからの楽しみだったのですが、その友人の家で遊んでいると、その先輩がバイクに乗って帰ってくるのです。そうすると自分らは騒ぐのをやめて、バイクを見に駐車場へ向かい、そのバイクを眺めるという、いかにもティーンエイジャー的なルーティーン。ただそれが無性に楽しかった。それがあったから今があると言うくらい、自分の人間形成に大きく関わっていたと感じます。
年明けからカスタムをお願いしていたバイクが納車されました。
東京のカスタムショップにお願いしていたので、東京〜大阪間をツーリングと慣らし運転を兼ねて自走しました。走り出した当初は緊張していましたが、最高の時間を過ごす事が出来ました。

乗り物離れが進んでいるそうですが、楽しさを伝える人が身近に少なくなってきてしまっているのもあるのではと感じます。自分が学生の頃は近くにそういった先輩方がいた様に、これからは自分らが若い世代にリアルに楽しいと思う事やモノを見せていく事で、自ずとアイデンティティーが生まれ、受け継がれていくのではないでしょうか。

Masayuki Hayashi / Staff

TITLE : 正常進化の答え

ここ数年メンズファッションシーンを賑わす夏の風物詩がハワイアンテイストの総柄シャツ。常夏の島ハワイならリゾート地の解放感から浮かれついでに着られるが、湿度の高い日本の夏にハワイアンシャツ特有のレーヨンの質感はお世辞にも相性が良いとは言えない。汗が溜まりやすく、汗を吸った日にはヌルっとした質感に変わってしまう素材だからだ。とは言え、クリーニングしたばかりの、あのサラリとした肌を滑る質感は一度着ると癖になる。手入れの面倒クサさを差し引てもお釣りが来るくらいだ。そうこうする内に、なんだかんだでメリットが勝り今年もまたアロハを新調しようと目論む自分がいる。そんな諸兄も多いことだろう。
ただ、取り回しが便利なら文句もなくパーフェクトなのが正直本音。欲を言えば家で洗濯も出来、シワにもなりにくいなら....。
それを実現したのが、今季のアロハシャツ。タラレバ、ではなくコットン地を採用することで、デフォルトで機能性がもれなく付加されてくる。今ってそんな時代なのだ。あらゆる物が進化する現代で洋服だけが時代遅れ、ってことはありえないんだな。

Naoto Monma / Writer

TITLE : WORK

早いもので2018年も6月に入り、あっと言う間に折り返しの月となりました。また、CALEEの2018 SPRING/SUMMER COLLECTIONも後半に差し掛かっており、リリースアイテムの少しずつ少なくなってきましたね。こういった時期になると、月日の経過は年々早く感じるようになり、時間を無駄にしてはいけないなと常々感じております。24時間の中で最低でも8時間は仕事の時間として費やし、生涯で考えるとその時間は相当なものになります。その中で感じることは、 その人生の三分の一をどう有意義に過ごすかという事です。日本における世の中の20代では好きな事を仕事にしている割合は約25%程のようで、やはり少ない割合となっております。逆に好きな事の為に仕事をしているという方は世の中の殆どの方に当てはまるのではないでしょうか。そういった事を考えているうちに気が付いた事は、その両方を持ち合わせた人こそがその仕事、その道のプロなんだという事です。仕事は遊びではなく、生きていく為にはお金が必要でその為に皆仕事をしています。ただ、そういった考え方ではなく楽しい出来事の中でお金を頂けるという生活を送る事が出来ればよりその仕事のパフォーマンスも上がる様に感じます。ありがたい事に 自分は昔から好き洋服に関わり、また好きだったCALEEというブランドで働かせて頂いております。その中でもっともっと皆様に洋服の素晴らしさを伝えていく事、洋服を通じて人生の楽しさを伝える事も使命だと感じております。
また、最も仕事に対して大事な部分は自分自身の揺るがないポリシーが重要だと思います。その気持ちを大切に今後も精進していこうと思います。

Hirotaka Ando / Staff

TITLE : PATTERN of COLOR

関東も梅雨入り間近になってきましたが、この毎年どんよりした季節が終わると本格的な夏が到来します。個人的にはいつも梅雨時期は夏に向けての充電期間の様なものの気がしています。洋服を楽しむ上でも、夏に向け様々な準備が必要だったりします。休日をしっかり過ごす為の時間を作る事、身体を鍛えて作り込む事、どんなスタイリングを楽しむか構想を練ったりと夏を思いっきり楽しむにはそれなりの準備が必要かもしれませんね。個人的には今年パターン物のシャツが気になっているものが多く、スタイリングをどう楽しむか、今から構想を頭の中でじっくり練っています。
CALEEというブランドにおいてパターンアイテムはどれを取っても拘りの詰まったアイテムが多く、それはすべてオリジナルで生地から作り込みを行なっている事が最大の理由です。ブランドとして、また生地の作り手が打ち合わせを何回も重ね、妥協を知らずに作り上げた生地、製作されて上がってきた時にはスタッフ皆の顔を見合わせて目に力が入る事が多いのはその一連の流れから生まれます。シーズンの中でも毎回生地の生産工程を直接出向き、見に行っている所もそこにしっかりと結びついています。そんなパターン物のシャツ、今回はどれを一張羅として着ようか今から構想を練る必要は十二分にありますね。

Kentaro Motoki / Staff

TITLE : SO VAIN DAMN SO HOT

SO VAIN DAMN SO HOT
ブランド設立時に掲げたサブタイトルになります。
意味は(無駄な事だが格好が良い)。

無意味な事をしているという意味にも捉えられますが、ある種の拘りみたいなものではないでしょうか。本人的に拘っているつもりになっているだけで、それが第三者に伝わらなければ無意味になってしまいますし、独りよがりの拘りほど、ウザくも感じてしまうのではないでしょうか。
服で言う、細かいディテールワークも意味を成さなければ必要なく、ただ、そのディテールの根源や意味、それを伝えることに意義があり、サブタイトルの意味も成してくるのではないでしょうか。
昨今ではSNSの流行により、情報が溢れ、様々な情報を片手で検索出来る時代になっております。ただ、お店としてブランドスタッフとして、洋服のあり方、接客のあり方を再度見つめ直し、こういう時代だからこそ細かい部分まで伝えていかなければいけないのではないでしょうか。
洋服としての価値は、あくまで格好良く着ることではありますが、自分が来ている服の歴史や詳細等、無駄なことではあるかもしれませんが、知ることで服への愛着やスタイルに反映されていくのではと考えており、そういった部分を伝えていくのも現場として大事だと感じております。

SO VAIN DAMN SO HOT
拘りや信念を持ってこれからも邁進していきます。

Naoki Kikuchi / Staff

TITLE : Good-bye RUDO

雑誌RUDOが今月号を持って休刊するという事実を突きつけられたのは発売日の本屋でした。紙面媒体が不況という状況の中で産声を上げたRUDOは武骨をキーワードにした今までに類のない雑誌として船出をしました。創刊時より今に至るまでCALEEとは蜜月の関係を構築してくれ、それは言葉で表現するのであれば相思相愛。お互いがお互いに畏敬の念を抱き、互いのベクトルを合わせ、世界観を共有し、無くてはならない存在であったと言えます。RUDOは日本のブランドはこんなに良いブランドが沢山あるんだよ。ここまで拘ったモノづくりをしているブランドがあるんだよ。こんな面白い物を作っているよ。RUDOをファッションの入口に使ってよ。そんな思いを載せた紙面内容であったと思います。事実、CALEEを知り、手に取り、身に纏った方の多くはRUDOを通して知った方が多いのではないでしょうか。
紙面で特集を組めばSTEWARDS LANEに足を運んで下さる方が増え、問い合わせの電話が殺到し、店頭に並べば完売する。インターネットがこれほどまでに普及した世の中にあって尚、雑誌の持つパワーをまざまざと見せつけられた思いでした。CALEEの躍進の一翼を担ってくれたRUDOには感謝しかありません。
RUDOチームとの思い出は尽きることはありませんが、一旦の休憩は充電期間のようなもの。
アメカジを一般層にまで広げてくれたRUDOの力を信じて最後にこの言葉を。

Good-bye RUDO

また逢う日まで。

Naoto Monma / Writer

TITLE : roots

先週は満開だった桜もすっかりと新緑が芽吹き、明るい緑色が目立ってきましたね。事務所でも再来週には秋冬シーズンの展示会も控えており、少しづつ慌ただしさが増してきた日常となっております。展示会前という時期はいつもとは違う独特な空気が流れ、いい緊張感をもって仕事に取り組めます。これから展示会までは忙しい日々が続きそうですが、是非皆様に喜んで頂けるよう無事に乗り越えていければと感じております。その中で今季は皆様もご存知のように「Good Old Japan」をシーズンのメインタイトルとしてアイテムのリリースを行っております。先日はデニム地で作製された半被を日本では古くから使用されている技法の柿渋染めで染め上げたアイテムがリリースされました。
個人的にはこのアイテムにはなにか惹かれるものがあり、リリースを待ち望んでいた一着となります。法被は、日本の伝統衣装として古くから着用されておりますが、皆様にはあまり馴染みがないアイテムではないでしょうか。また、ファッションとして法被を着用するのはここ最近の洋服の流れのような気がします。個人的には生まれ育った地元で古くから行われている祭りがあり、その祭の際に物心つく前から法被を着用していました。ただ、年に一度の特別な日にしか着用する事のない衣装という印象を強く感じ、法被という衣装には何か言葉には表現できないカッコよさを感じていたものです。
時は流れ、祭の衣装ではなく、ファッションの一部としてのまた当時とは違った特別な感覚を覚え、やはり日本人として昔から特別な衣装としてもイメージがあり、このアイテムには親近感を感じさせられます。

地元の伝統衣装としてではなく、ファッションアイテムとして着用出来る事を誇らしく思い。また日本人、日本らしさという部分を改めて考えさせられたアイテムです。

Hirotaka Ando / Staff

TITLE : 桜の下で何を思う…

関東では桜も満開を過ぎ、葉桜になり始めた先週末、やっと今年も花見をする事が出来ました。満開の桜に比べ、少し色の鮮やかさは劣りますが、個人的には好きな桜です。また、ここからもっと花が散り、葉で青々としてくると、夏の風物詩となっていきます。夏の俳句の季語でも使われる様に与謝蕪村の俳句「葉桜や奈良に二日の泊り客」でも蕪村の喉かな奈良観光を歌っています。桜を見ながら、今季のコレクションについてもいろいろ考えさせられる所が多く、自然と日本人らしいモノ作りという分野を個人的にも考えるようになりました。
今季のコレクションの中では、日本伝統衣装である法被をイメージしたアイテムが多く、その中でもロング丈の法被風コートを個人的には気に入って普段から着ています。一般的な法被と言われるものは腰丈または膝丈の物が多く、今回リリースしているような膝上まで丈のある物は極稀です。そこにCALEEならではの軸としているアメリカンカジュアルと日本の伝統衣装の融合だと考えます。

日本古来の伝統を引き継ぎながら、ジャガード織りで製作したネイティブパターンを表現したコートはまさに今季のテーマを象徴とするアイテムです。これからの時期もカットソーの上に羽織り、まだまだ活躍してくれそうです。


Kentaro Motoki / Staff



TITLE : GOOD OLD JAPAN

近年のインターネットの普及で、日本国内だけではなく、他国の様々な情報が手に入る様になりました。海外に進出する方、海外から日本に来られる方も増えています。日本の歴史を見ると、鎖国をしていた時期もあり、島国という事で、他国と比べるとまだまだ遅いところもありますが、確実にグローバル化が進んでいます。様々な国の文化が流れ込み、ライフスタイルの幅が格段に増えています。
ただ、そんなグローバル化が進んだ現代だからこそ、日本独自の素晴らしい文化がある事を忘れてはいけないと感じます。そして、それを伝承していかなければ、グローバル化にかき消され、その素晴らしい文化が衰退していってしまう事も、自分たちの世代では感じ取っていかなければいけないと思います。
50年後、100年後を見据えた時に、どういった日本になっているのかを想像してみる事。
どういった日本でありたいかを想像してみる事。
そういった想像から日本の未来が変わってくるのではないでしょうか。
本格的に始動したCALEE 2018 SPRING / SUMMER COLLECTION。すでにリリースされているアイテムやカタログを見て頂いた方はご存知だと思いますが、今シーズンのコレクションは、”和”というものに更にフォーカスをあて、アメリカンカジュアルと組み合わせたアイテムを多数リリースしています。
”GOOD OLD JAPAN”。
様々な国の文化が混在してきている現代の中、日本という国として、そこで生まれ育った日本人として
誇るべきものや、日本人として忘れてはいけない、文化だったり伝統なりを組み込む事で、そういった文化や伝統を知らない世代の人達や海外の方に、発信していければと思っています。

Masayuki Hayashi / Staff

12345