DIARY

TITLE : The man who has no imagination has no wings

2018 S.S COLECTIONが満を持してスタートしました。
前シーズンから引き続き「和」と「アメカジ」の融合をテーマに掲げ日本人としては元より、CALEEとして培ってきたものの矜持を持ってスタートしたシーズンとなりました。「和」この言葉から連想するものはなんでしょうか?人によっては着物だったり、刺繍だったり、柄だった、り染だったりするかもしれません。では、産まれ落ちてから今まで「和」というものにどれだけ触れてきましたか?という質問に対して明確に回答できる人は少ないのではないでしょうか。明確に回答できない理由は至ってシンプルで、日本人であるからだと思います。「和」というものが日常に混在し、当たり前の風景の中に溶け込んでいるからこそ、明確に回答できない。要は、触れていて当たり前ということです。
そして「アメカジ」はどうでしょうか。CALEEのブランドベクトルに共感していただける皆様であれば「アメカジ」もまた日常でしょう。
当たり前にある日常と意識して取り込む日常。足し算ではなく掛け算で作り上げた
CALEE 2018 S.S COLECTION。無意識で日常で触れえてるものを具現化するという難題に取り組み、世界の人々にも触れてほしいと願い、幾重にも折り重なったブランドの思いが詰まったコレクションです。

Good Old Japan

清々しいくらいに真っ直ぐなメインタイトルではないか。

Naoto Monma / Writer

TITLE : JAPAN STYLE

いよいよ2018 spring collectionのアイテムも徐々に店頭に並び始め、新たなシーズンが幕を開けました。また年が明けあっという間に2月に入りましたが、こういったシーズン立ち上げの時期は個人的に気が引き締まる想いが湧いてきます。今季もCALEEならではのアイテムが多数リリース予定となっておりますが、その中でもここ最近のシーズンで力を入れているのは、「日本」を感じて頂けるアイテムではないでしょうか。こういったテーマを基に、ウエア、アクセサリーなどにも様々な形で落とし込んでアイテムをリリースしております。その中で、最近リリースされ個人的にも直様購入したアイテムが「福」の文字をフロント部分に配置したリングになります。少し大きめでインパクトのあるメキシカンリング調のリングですが、この一文字で尚更、日本らしさも十分に感じる事が出来る逸品にではないでしょうか。
ウエアでは和柄や日本に古くから伝わる生地などで日本らしいアイテムがリリースされておりますが、今季はリングやネックレス、レザーアイテムなどでもそういったアイテムがリリースされておりますので、日本人ならではで日本人らしいアイテムを身につけて気持ちを高めてみるのも良いのではないでしょうか。まだまだこれから多数アイテムがリリースされるので個人的にもデリバリーが楽しみです。

Hirotaka Ando / staff

TITLE : CHANGE!!

仕事をする上で、気分転換は大事な事で、気分転換が出来る事により、また新たな可能性やアイデアが浮かんで来たりするものです。クリエイティブな
仕事であればある程、それぞれが個々の可能性を信頼し合い、共有する事でそれがチームとして機能するのではないでしょうか。CALEEというブランドも僕たちが行なっている
チームという事がまず第一前提にあり、そこから各々が派生している事だと思います。汗水流し働いた会社員が、大事な家族の元に家路を急ぐように僕たちには戻る場所があるからこそ、絶えず新しい事に取り組み、可能性を探す事が出来るのかもしれません。
可能性はどこに落ちているか誰にもわからないモノで、それは自分の足下かもしれませんし、時間の経過により見つかるモノもあるかもしれません。ただ、自分はその可能性を時間の経過や因果関係から見つかるのではなく、自分から見つけたいと常に思っています。それが「意図とした変化」ではないでしょうか。勿論自然と良い方向に向く変化は大事ですが、「意図とした変化」には必ず絶対的な裏付けが必要で、そこにもビジネスチャンスが転がっているのではないかと思っています。年を取るという事は変化を嫌うようになる、変化に対応出来なくなるという事だと自分は思っています。そうはなりたくない、自分の可能性を信じ、今年は仕事にもプライベートにも取り組んでいこうと思います。

Kentaro Motoki / Staff

TITLE : Good Old Japan

2018年の帳が開きました。いつだって新年は気持ちが引き締まるものです。今年はどんな一年になるのか今から楽しみですね。さて、今年度STEWARDS LANEでリリースしたLIMITED ITEMは"OLD JAPAN VELVET COAT"。日本古来より防寒着として親しまれてきたアイテムをスクラップ&ビルドにより再構築。鈍色の光沢を持つヴェルヴェットに家紋を想起させる刺繍をあしらった粋な一着に仕立てました。仲間内で羽織ってみればチーム感を演出すると共に、コートでトレンド感もしっかりとスタイルに落とし込むことが出来ますね。先人達が生き残るために産み出した知恵とCALEEのファッション性がしっかりと中心でクロスオーバーしたアイテム。と言うよりは作品と呼べるものではないでしょうか。
日本に今なお息づく染めの技法や、縫製技術、刺繍技術は何世紀も前に編み出されたものの上に成り立っているに過ぎません。今の技術は5を6や7、8にしているに過ぎず、0から1を産み出した先人の知恵には遠く及ばないものと想像出来ます。そんな先達にリスペクトを捧げつつ、現代にアップデートしていくという試みを行っているCALEEのOLD JAPAN COLECTION。古き良き日本の伝統にアメカジのエッセンスを加えたアイテム群のリリースが楽しみでなりません。2018年。今年もCALEEから目が離せない一年となりそうです。
遅ればせながら皆様明けましておめでとうございます。今年も昨年と変わらぬご愛顧を頂戴いただければ幸いです。

Naoto Monma / Writer

TITLE : 2018年に向けて

昨日にて事務所は仕事納めとなりました。今年一年を振り返ってみると、昨年よりもさらに時間が経つのが早かったように感じます。ブランドとして春夏は"REAL JAPANESE WEARS BY CRAFTSMAN”をテーマにより職人との繋がりの見えるアイテムラインナップ、それに伴い、ブランドブックや各媒体では”JAPAN BLUE”のカラーリング統一した撮影を多く行いました。様々な反響も多く、海外での取引をする足掛かりとなったシーズンでした。秋冬のテーマには”ROOTS REVIVAL”と掲げ、ブランド設立13年の秋冬に迎えることで、今一度原点にたち返り、物作りや世界観を見直すことにしました。近年、日本の人々が洋服へのプライオリティーが低くなりつつあるのが現状で、それに対し、商売になり過ぎているブランドが多く見受けられ、自分達としては立ち上げ当初の頃に思っていた洋服が本来持つ楽しさや、手にした時の喜び、生活に根付いた物作りを意識しました。海外での撮影も初のメキシコ撮影を行い、いつもの様に根を詰め悩み尽くすのではなく、あくまで楽しむことを意識し、充実した撮影になったこともとても印象強く残っております。自分としてもワークアウトやバイクでのツーリングにのめり込むきっかけとなった様な気がします。
2017年は"踏み出した年"ブランドの展示会サイクルを新たにし、臨界点から一歩踏み出した年だったと思います。
そして2018年は"極める年"踏み出した一歩を極める為に今行っていることを今以上に突き詰めていきたいと思っております。
今年一年皆様におかれましてはご愛顧いただきまして本当にありがとう御座いました。2018年が皆様にとっても良い年になっていただければと、少しばかりの気持ちですがスタッフ一同願っております。2018年も何卒宜しくお願い致します。

Hiromasa Takahashi / Press

TITLE : 忙中閑あり

1年とは本当早いもので、先日、新年を迎えたと思っていたら、もう師走も下旬に差し掛かる所、、、早いものです。今年1年、何か自分にとって飛躍があったかというと首を縦に振る事は出来るのだろうか。そんな事を考えながら、diaryを開いています。今年はブランドとして年2回のコレクションに変更、そして初参加したカタログの海外撮影と非常に内容の濃い、1年だったと思います。時代と共に変化するブランドでありながら、軸は決してブレないブランドであるためにも様々な所から発信し、受信を繰り返し、アンテナを張り続ける仕事というのはどんな仕事においても同じかもしれません。ただ、その時代の中で、地位を確立するというか、梶を自ずと取れるかという事は、どんな事においても課題であるのではないでしょうか。
僕は常に心の中で、大事にしている言葉があります。昔からことわざで「忙中閑あり」という言葉があります。意味としては難しい意味合いではなく、どんなに多忙な生活の中でも、わずかな暇は必ずと言ってあるという意味です。この言葉は僕が仕事と向き合う上で、大切にしています。1年を通してこの言葉に問い掛けてみた時、仕事に余裕は持てていたのだろうか。また、その余裕をどういう風に自分へのステップアップに繋げる事が出来たのだろうか。自分の中で、暇=仕事において僅かに垣間見れる余裕だと考えています。また、常にその余裕があるからこそ、仕事のクオリティーが上がると思います。自論を語ってしまう場になってしまいましたが、この一年間はその余裕が自分の中でも把握できる事が出来、自分の中で満足の行く仕事が出来た一年だと思います。また来年を考えた場合、その余裕を時間として残す事が出来、自分の趣味や違った人との繋がりにも向ける事が出来ればと思います。そう思うと、来年を迎えるのが楽しくなってきます。一年を振り返り、何を思うのか、思い返す事が大事であって、そこに絶対的な達成感はいらないと思います。達成や満足感ではなく、フィードバックに残りの時間を費やしたいと思います。

kentaro  Motoki / Staff

TITLE : 2018年に向けて

つい先月2018 S.S COLLECTIONの展示会が終わったと思ったら、息つく間もなくBRAND BOOKの撮影がスタートしました。今季コレクションラインナップには「和」を想起させるアイテムを多くラインナップに含め、より日本の物作りを突き詰めたアイテム群となっております。このジャパンシリーズは藍染は勿論、枷染で染め上げた生地やデニムパッチワークに刺子を使った物、柿渋染等々日本の伝統的な加工技術を用いて作製したものがメインとなっております。その中でこの日本由来で作製したマテリアルをどのディテールで落とし込むか。ブランドとしては変に凝ったギミックではなく、シンプルにそれこそ91-Bやカバーオールと言ったアメカジの王道とも呼べるアイテムに落とし込みたいと思いました。その狙いは「和とアメカジの融合」それを色濃く反映させるには、武骨で精悍なアイテムにこそ落とし込みたいと思いました。
ジャパンシリーズを持って挑んだBRAND BOOKの撮影は、都内にある日本庭園や恩賜庭園と言った風景でも和を想起出来る場所での撮影となりました。手入れが行き届いた日本庭園の中に、違和感無くかと言って存在感が無いかと問われれば否。日本の伝統とアメカジがクロスオーバーして産み出される唯一無二であるということをしっかりと感じ取れる撮影となりました。「和」を用いて「華」とし、「アメカジ」を取り入れ「武」とする。今季ラインナップのジャパンシリーズは華美でありながら武骨という言葉が似合うアイテムとなっているのではないでしょうか。

これからまだまだ撮影ラッシュとなりそうです。
コレクションラインナップもそうですが、BRAND BOOKも是非楽しみに待っていて下さい。

Hiromasa Takahashi / Press

TITLE : PARK RAT

先日、STEWARDS LANEのブログの方でも個人的に綴った内容が自分の中でももっと深く掘り下げたく、今パソコンに向かっています。昔から、収集癖が強い人間で、様々なモノやコトに自分の中に拘りを持って生きてきました。それは他人から見たらガラクタだと比喩されてしまったり、何の役に立つの?と言われてしまったら、正直返す事が見当たりません。少し前になりますが、ロスにカタログ撮影に訪れた際、日本ではなかなか見る事が出来ないアンティークホビーに沢山出会いました。中でもその時に購入したのがアンティークのLAMBRETTAを彷彿とさせるオルゴールでした。少し値段も張る物でしたが、自分の中では買うという選択肢しかなかったモノのひとつです。衝動買いというよりも出会うべくして出会ったモノとしか自分の中で感じなかったからだと思います。
そういった感覚や価値観は人それぞれで自分の中にある感覚は間違いないと思うのは大事な事だと思います。誰に何を言われようが自分のスタンスを貫き通す、それは洋服に対する価値観やセンスとも同じではないでしょうか。現在様々なスタイルが右往左往するメンズファッション、荒波に呑まれてしまうのかそうじゃないのかも自分次第だと思います。僕らが言える事はこのスタイルが間違いないなと感じたら、それを常に貫いて欲しいと思っています。それが言葉を置き換えると、僕らが10年以上の月日を掛けて目指してきたブランドのカラーだからです。モノを集める事のモノの中には洋服も入っています。誰に何と言われようと自分の拘りを持ったモノ=洋服を是非選んで頂けたらと思っています。

Kentaro Motoki / Staff

TITLE : TO PERUSE

秋物のリリースも増え、今週末17A/Wのブランドブックのリリースを控えた週末前に少しDIARYを開いてみました。店頭でもやはり秋口になると夏ヘビーローテーションで着用していたスニーカーより、足下はブーツが落ち着いて来ます。何でかと問われても難し問題で、答えはより明確なのかもしれません。CALEEというブランドにおいても、またアメリカンカジュアルという部分にとってもワークブーツという代名詞はなくてはならない存在だからという答えのみにつきます。ブランドとして毎シーズンリリースし続ける新作のブーツ、そこにはトップスやボトムス同様にJAPANというプライドを掛けた物作りがブーツにも表現されています。質実剛健な、そして日本人が考えるワークウェアとしてのブーツ、そして履く人独自のエンジングが楽しめる、そんな点がやはりスニーカーとは違った楽しみではないでしょうか。個人的には数年前にリリースされたこのレースアップのブーツが非常に気に入って良く履いています。秋になると、何故が自然とブーツが履きたくなる、それはCALEEのスタイルという中でも普遍的なものなのかもしれません。
僕らがブーツに拘る理由はそんな所から垣間見る事が出来ます。またスニーカーという物があるからこそのブーツである事は皆が思っている事です。スニーカーというスタイルとブーツというスタイルどっちがという答えは愚問であって、スニーカーを知った上で、ブーツに辿り着いているというプロセスは根源にあります。現行のアイテム以外にもヴィンテージのスニーカー、または老舗ワークブーツブランドのブーツまで様々な物に足を通し、自分たちがそこから気づいた事や学んだ事、それがCALEEのブーツでは表現されていると感じています。そんな事を考えているとこらからの秋冬のブーツの楽しみ方がひとつもふたつも増えて来るような気がします。

Kentaro Motoki /Staff

TITLE : ROOTS REVIVAL

2017年秋冬のテーマには”ROOTS REVIVAL"掲げました。

ブランド設立13年目の秋冬を迎え、今一度原点に立ち返り物作りや、世界観を見直すことにしました。アメカジも落ち着きつつあり、日本全体のファッションも同じように飽和状態になっているように感じます。ライフスタイルに重きを置き、洋服に対するプライオリティーが低くなっているのが現状の様に思われます。それに対して、7年前アメカジが広く浸透した時には洋服を格好良く着こなし、都会に繰り出すライフスタイルが一般にまで波及していたように思われます。その時に立ち返ってみれば、今はライフスタイルの為の洋服ではなく、数字を追いかける為の商売になり過ぎているブランドが多いのではないでしょか。やはり洋服が持つ根本は仕事をする為の活力やライフスタイルをさらに充実する為のギアではないでしょうか。だからこそ今回のコレクションやカタログは根本に立ち返り、洋服が本来持つ楽しさや、手にした時の喜び、生活に根付いた物作りを意識しました。今回のカタログ撮影でもメキシコまで足を伸ばし、いつもの様に根を詰めるのではなく楽しみながら撮影を行っております。それが滲み出るようなカタログになっております。
秋物コレクションも徐々に入荷し出し、9月末にはブランドブックもリリースとなります。今回の"ROOTS REVIVAL"はキャリーの原点 が垣間見えるコレクションとなっております。また、スタッフ個々のライフスタイルにもその思いが詰め込まれております。是非、秋冬コレクションお楽しみに。

Hiromasa Takahashi / Press

1234