DIARY

TITLE : JAPAN PRIDE

先日まで来季の企画打ち合わせの為、岡山は倉敷児島に行ってきました。古布や資料を拝見させていただく中で思ったことは、藍染めの多様性でした。昔は今よりもずっと暮らしに根付いていた藍染めが、何時の間にか非日常のものになったのは何故なのか?興味が尽きることはありませんでした。
藍染めの歴史は、いくつかの説が存在しますが、まずはシルクロードを通ってインドから中国、そして日本へと伝わってきたと考えるのが有力のようです。正倉院の宝物の中には、藍染めされた布や糸がいくつも納められています。それらは、その技法やデザインから中国やインド、当時ペルシャと呼ばれていた国々から運ばれたものと推測されます。それでは、実際に日本で藍染めが広まったのはいつ頃なのでしょうか。その歴史は意外に古く平安、奈良ではすでに栽培されていたことが文書で確認できています。さらにさかのぼり、古墳時代にも、古事記、風土記といった文書に藍に関するものではないかと類推される記述が指摘されています。
日本での藍染めは、その起源を古代にまでさかのぼれるかもしれませんが、当初は、葉っぱを直接布に摺りつけるような染色方法だったと考えられます。それがやがて、生の葉を切り刻み、その液を絞り、さらに、煎じた液や灰汁をもちいた生葉染めへと発展していったことでしょう。しかし、藍染めの場合生葉染めでは濃く青く染めつけることは出来ません。濃く染めるためには、現在も行われているような建て染めが必要だったはずです。平安、鎌倉、室町と人々は染めの技法を進歩させていきますが、ここで抜染の手法も発見されたようです。
CALEEでも久留米絣や備後絣などの本藍を用いた藍染めのアイテムをリリースしました。日本古来の染物である藍染めのルーツを知り、そして日本人として先人たちの英知が詰まったアイテムは正しくJAPAN PRIDEと呼んでいいものではないでしょうか。今では藍染めのアイテムも散見されますが、流行だからという理由では無く、日本の心に触れるという見方で藍染めを手に取ってみてはいかがでしょうか。
来週にはイタリアにて行われる海外コレクションにCALEEも参戦する運びとなりました。海外の方々がMADE IN JAPANに触れた際の反応が今から楽しみです

Hiromasa Takahashi / Press

TITLE : BESPOKE ITEM

5月の大型連休、GWも終わり、仕事においてもプライベートにおいても一段落という方も多いのではないでしょうか。個人的にもやっと5月の中旬を終わりを迎えた今週、やっと仕事においては一息入れられそうです。GW中に関しては、全国の一斉発売となった別注アイテムが非常に印象に残った連休だったと思います。年3回のコレクションでアイテムをリリースしていた去年から一新し、今期から年2回のコレクションにブランドとして変更し、今期に関しても、それに合わせた別注アイテムを数多くリリースしています。そういったラインナップも常にスタッフ各自がアンテナを張り、何か新鮮な物を探し求めた探究心から生まれているものです。また、そういった所で、個々に思い入れがあったりするものです。ただ、そこまでに辿り着くためにも、マーケットのリサーチ、セールス、その中にバッティングがないかなど様々な企業連携から生まれるものである事は行ってみると良くわかります。
先日リリースされた海外のアウトドアブランドCLASS5のバックパックをベースにCALEEの別注としてリリースしたバックパック、そして老舗ブーツメーカーDANNERとのコラボで実現したレザーサンダル、どちらもCALEEならではのオリジナルのマテリアルがあり、その中に別注ならではの拘りが詰まっています。また、スポーツテイストやストリートスタイルにトレンド感がある今、そこにもフューチャーしたアイテムは年齢問わず、アウトドアからスポーツシーンまでしっかり抑えれるのでないでしょうか。また、そういったアイテムをリリースし続ける事がブランドとしての使命だと感じます。時代に取り残されず、常に目指す矛先はファッションの先端にあるようなそんなブランドでありたいと思った5月の週末でした。

Kenrtaro Motoki / Staff

TITLE : widen possibility

5月、GW真っ最中で個人的にも4、5日で金沢のCALEE取扱店、KOMPLETEに来ております。普段は東京のお店に立たせて頂いておりますが、この2日間はKOMPLETEでお客様と接する機会を頂き、普段とは違う刺激をもらい、とても貴重な経験をさせて頂きました。その中で個人的に感じた事は、自分のスタイルを確立している方が多いと言う事と、それに囚われ、自分の可能性を狭めている印象を受けました。
試着する前にそのアイテムは似合わない、試した事がないと言う、所謂、食わず嫌いなアイテムが多いという事です。自分の中でスタイルが確立している分、固定概念に囚われ、チャレンジする前にその可能性をシャットアウトする方が個人的には残念と言うか、勿体なく感じてしまったのが正直な気持ちです。アイテム個々での着用の仕方、合わせ方、そこを間違わなければ、自分のスタイルに新しいスタイルをプラス出来ると思うのですが、自分の中で似合わない、このアイテムは難しいとチャレンジすらしない、そこが非常に残念に感じました。ただ、2日間でお話させて頂いた方に関しては良い意味で、その固定概念を壊す事が出来た様に思います。ファッションに関しては自分の中だけでなく、第三者からの意見も重要な事で、自分が似合わないと思っているアイテムでも第三者から見れば似合っているケースもある様に、自分で決めつけず、様々なアイテムにチャレンジして欲しいと思っています。それがスタイルの幅にも繋がりますし、ファッションやスタイリングの楽しさも変わって来るのではないでしょうか。

様々なアイテムにチャレンジし、自分の可能性をどんどん広げて行ってもらいたいと感じた、充実したGWとなったように思います。

Naoki Kikuchi / Staff

TITLE : HARD WORKING PERSONS

日本人は勤勉で仕事熱心だと他国との違いを良く比喩される事があります。特にアジア圏の中でも日本はヨーロッパの諸国やアメリカに比べると圧倒的に有給取得日数が少ないようで、またそこに対して不満を持つ日本人も少ないそうです。有給取得の話はひとつの例えではありますが、勤勉で仕事熱心な日本人は他国から圧倒的な信頼を勝ち取って来た背景は語らずにはいられません。例えば、国産車という文化も先日、民放のドラマでちょうど同じようなテーマが放送されていましたが、海外の車文化が発展していく中、自家用車という部分を視野に入れ、あくまで一般の人々が乗れる乗用車を製作し、車の市民権を獲得したのも日本人の仕事への拘りの集大成だと感じます。日本人が拘りを貫き、妥協を許さず、まず、大切にして来た事、仕事において物作りという分野ではないでしょうか。
日本人がまず昔から大切にして来た事、物作りへの拘りは現在MADE IN JAPANというブランドネームとして世界から様々な物が評価されています。それは洋服におていも同じ事が言えます。そして、私たちも同じようにブランドとして拘りを貫いている部分はそこにあります。近年、和をテーマとしたアイテムは流行色が強く、CALEEでリリースしているオリエンタル柄のアロハシャツもそのひとつです。ハイビスカスやヤシの木などヴィンテージアロハシャツでは良く見られる柄はアロハシャツの王道ですが、日本人の物作りへの拘りが表現するために和を全面に押し出した今季のアロハシャツ、それは正しく、ブランドと様々な職人がしっかりと手を結んだ時にようやく表現出来るアイテムです。勿論、スタッフ各々にそういった物作るに関わる、拘りの覚悟があるからこと、イメージを具現化出来ると私も常に思っています。MADE IN JAPANという他国から長年の信頼から勝ち取った旗はまだまだ私たちはすべてを知った気になってはいけません。勿論終わりがないと思います。そこと常に向き合う為にも今季のオリエンタル柄のアロハシャツはここからまだ先に行くために、そして原点を忘れないためにも、心に刻んで置きたいアイテムのひとつだと私は思います。

Kentaro Motoki / Staff

TITLE : The beginning or trigger

とあるテレビ番組でこういったやりとりを耳にしました。
A「高校生のアルバイトの子に、店先を掃いておいてと言ったのですが、ただほうきで掃いただけでちりとりで集めてゴミ箱に捨てる行為をしないんですけど、どう思います?普通そこまで考えてやりません?」
B「それを全部教えてあげなければいけないの?ほうきで掃いてちりとりで集めてゴミ箱に捨てるんだよまで言わなければいけないの?普通それぐらいわかるでしょ!!」
C「こっちが当たり前の事は相手に対しても当たり前っていう考え方自体が上の人のエゴであって、知らない子は知らないよ。知るきっかけが今までなかった子もいるんだから、そこまで教えてあげるきっかけを作ってあげないと。それが教えると言う事なんじゃない?」
皆さんはこのA,B,Cのやりとりを聞いてどう思いますか?世代で思う事は違うと思います。

このやりとりのCさんの意見は、自分が販売員をしていて、お客様に対して伝える際のモットーでもあります。
僕らブランドの人間、つまり作り手が当たり前だと思っている事は、必ずしもお客様も同じ感覚で捉えていないし、分からない事が多いと思うのです。当たり前だと思っている事でも、相手側にはそう思っていない事があるので、何度も説明して教えてあげなければ、アイテム一つ一つの良さが伝わらない事もあると思っています。
だからこそ、自分達販売員が店頭で説明をしますし、SNSやBLOGでアイテムの詳細やスタイリングだったりを紹介するのです。
インターネット普及し、情報が簡単に手に入る時代である昨今、パソコンや携帯を開けば勝手に情報が入ってくるので、自分から情報を求めるという動きを、それまでの世代の人達よりもしなくなってきているのは少なからずあると思います。だからこそ、もっと知ろうと思うきっかけだったりもっと深くまで探るきっかけを作ってあげなければと思っています。
ブランドを知ってもらう事もそうですが、それだけではなく洋服を通して、様々な事柄に派生していってもらいたいとも思っています。
CALEE 2017 SS COLLECTIONがスタートして約3か月が経ちました。ブランドブックも配布開始となり、アイテムも続々と入荷しております。ブランドが提案する洋服に袖を通した事が、何かを感じ取る、何かを始める引き金になれればと思っています。

Masayuki Hayashi / Staff

TITLE : NEW LIFE.

11月に入り、気温も冬らしくなってきましたね。今週はCALEEの展示会が行われました。事務所も準備や展示会などで忙しくあっという間に過ぎ去った一週間となりました。また、個人的にも11月から大阪の地を離れて、東京へ転勤となり、店頭や事務所勤務など今までとは違った環境での一週間となり、展示会特有の雰囲気と慣れない土地での生活に今までに体験した以上の疲労感となりました。しかし、そういった状況の中にも新鮮さを感じる事が出来たので満足感も感じる事が出来、とても充実して仕事に取り組めた時間でした。
今までずっと大阪に住んでいたのですが、東京に来て第一に感じた事としては、やはり日本の首都であり、様々な事で規模の大きさを感じます。大阪にいる時にも東京には足を運んでいたのですが、そういった事は今までそこまで感じたことがありませんでした。いざ、住んでみるとなると小さな街でも人が非常に多く毎日驚かされております。また仕事の部分でもこれまでは大阪にいたという事もあり、事務所での作業などは殆ど把握していない状況でした。東京勤務になり、事務所で作業をする日もあるのですが、大阪にいる頃にはメインが店舗運営だった事もあり、現状では慣れない作業で他のスタッフの方に色々な作業を教えて頂いております。東京でも店頭をメインに働かせて頂きます。まだ数回しか店頭には立っていないのですが、大阪のお客様とは違ったスタイリングやお話が聞ける事でとても楽しい時間を過ごせているなと改めて感じさせられます。また、月に一度は大阪に戻る機会があるので、東京のお客様のお話などを話せれば良いなと思っております。また、場所は違えど同じSTEWARDS LANEのお客様ですので、大阪と東京を繋げられるパイプ役にもなりたいなと考えております。東京勤務になる事で、雑誌媒体の情報や洋服のトレンドが大阪 にいた時よりも早く伝える事が出来る様になると思いますので、そういった部分にも意識していき、東京、大阪を共に盛り上げて行きたいと考えております。
CALEEの展示会が終わり、少し一段落したので、お店や事務所での作業にも早く慣れて皆様の期待に応えられる様に東京の地で頑張って行きたいと思います。

Hirotaka Ando / staff

TITLE : Youth

CALEEというブランドに携わり、今年の11月で丸4年の月日が経ちました。自分の中ではそこまで意識はなかったのですが、早い物で20代後半だった自分も気が付けば30歳を越えているのには少し驚きます。本当に時間とは経つのが早いもので、こういった自分にとって節目の時期には何かと昔の事を思い出てしまいます。今から11年前、自分はCALEEというブランドに出会い、今に至る訳ですが…。
まだ、当時はヤングカジュアルの中心は裏原ブランドのイメージが強く、ストリートブランドという言葉も世の中では少しずつ店着した2000年代初頭、様々なブランドもいろいろな角度に方向転換をしていき、綺麗めに着こなすストリート系から、ボトムスは極太のデニムで合わせたオーバーサイジングなスケーターファッションまで、いろいろ派生していった時代でした。その中でもストリートアメカジという言葉が世に出始めたのもこの頃だった思います。俗にいう西海岸のスケーターファッションのノリから派生した西海岸のアメリカンカジュアル、スケートなどのカルチャー以外にもバイクやカーなどのモーターサイクルカルチャーをバックボーンに背負い、どことなくルーズなボトムスにアメリカの土臭さを感じさせるファッションが流行り始めていた時代でした。CALEEとしても産声を上げた頃は、そんなストリート色を感じさせ、ストリートアメカジという言葉の世の中に定着した時代だったと思います。そんな時代にCALEEに出会い、自分の視点を通して様々なアイテムを見てきた自分の目は顧客という角度からの切り口として自分にとっては今一番の財産だと感じます。また、ブランドの人間としても物事やアイテムを客観的に見る事も時には必要であって、自分にとってはその経験や時間が自分だけのスペックのようなに感じています。12年という世の中的には短い時間かもしれませんが、この12年間にはたくさんの拘りや思い、携わってきた人間の人間性が詰まっています。
そんな事をこういった節目には思い出し、自分の中で原点に返り、自分がまた動き出す良い原動力になるものです。少し特殊かもしれませんが、すべてにおいて同じ事が言えると思います。昔や原点を振り返る事ですべてが解決する訳ではないですが、今の時代を生きる何かヒントにはなるのではないでしょうか。

Kentaro Motoki / Staff

TITLE : As much as possible

10月も後半に差しかかり、本格的にAWシーズンに突入しております。今日、明日には全国的にも今期のカタログが配布開始となり、存分に今期の世界観をお見せすることが出来るのではないでしょうか。また、デリバリーに目を向けてみると、一際目を引くのがパターン物やカラー物になるのではないでしょうか。特にオリジナルのカラーヒッコリーを使用した1stタイプのジャケットや多色使いで作製したペイズリーパターンのシャツが今期を象徴するアイテムになるのではないでしょうか。今期THE HIGHEST ENDというテーマを掲げ、アイテムの作製や国内外での撮影を行い、アメカジをベースにしながらも、どこまでアメカジの括りでアメカジっぽさをなくせるか、アメカジの括りでどれだけ洗練させられるかを物作りから皆さんにお見せするカタログや雑誌媒体等、打ち合わせを行ってきました。特に先ほど挙げた2アイテムに関しては個人的にも好きなアイテムで、洗練されたアイテムが出来たなと感じております。展示会時に出来上がったアイテムを見る事が出来るのですが、見た瞬間に一目惚れし、リリース時に即購入しました。同じ、ヒッコリーやペイズリー柄は数種類持ってはいるのですが、今までよりも洗練されたカラーリングや柄に新鮮さを覚えたのを個人的に忘れることはないでしょう。
同じ、アメカジのアイテムの中でもカラーリングやスタイリングなどで表情はガラッと変わります。それが他者に向けたものであれば尚更新鮮に映るのではないでしょうか。本格的なAWシーズンはこれからと言っても過言ではありません。ただ、これまでにリリースされたアイテムで今期のTHE HIGHEST ENDを感じ、カタログで存分に今期の世界観を楽しんで頂けるのではないでしょうか。皆さんのそんな反応を店頭で感じることが出来るのが店頭での個人的な楽しみの一つでもあります。

Naoki Kikuchi / Staff

TITLE : season.

明日で10月に差し掛かろうとしておりますが、まだ少し暑い日が続いており残暑の厳しい秋となっていますね。個人的にこのブログを書かせて頂く時は季節の変わり目のタイミングに当たる事が多い様な気がします。今は暦上では秋を迎えており、リリースされているアイテムも長袖物が殆どといった現状です。しかし、30度を超える気温を記録するなど実際に着用するとなると本格的な冬を見越したアイテムはすぐには着用できないのが現実です。しかし、いつまでもその気温に合わせて半袖アイテムを着用し続けるというのは、個人的にはあまり好ましい事ではないと感じます。
日本は島国で四季の変化が富んでおり、春は桜、夏は海、秋は紅葉、冬は雪と他国の人に比べて日本人は季節の変化には敏感でイメージが付きやすい様です。その様な事から日本人は昔から季節感という点を無意識に大事にしております。しかし、地球温暖化の影響で秋や春といった中間の季節が昔に比べ短くなってきており、洋服に関しては、その様な間の季節を飛ばす様な方も多いのではないでしょうか。
気温の影響により、着用できる期間が短いなどのマイナスの点もあると思いますが、自分は最近その季節に合った洋服を着用する事を今一度大事に考えております。短い期間だからこそ、その季節に合ったカラーリングや生地感などのアイテムを選ぶ事を意識しなければならないのでしょうか。また、そういった事を考える事が洋服が好きな人間の性ではないでしょうか。そういった自分の感覚を皆様にも伝えていき、ブランドとしての洋服作りの拘りを感じて貰える様に考えていきたいです。まだ、日中は気温の高い日もあり、本格的な秋のイメージが付きにくいかと思いますが、これからはあっという間に涼しくなり冬が迫ってくると思いますので、短い秋を、存分に楽しんでみてはいかがでしょう。

Hirotaka Ando / Staff

TITLE : WATCH’S STYLE

20台初頭、まだ学生気分が抜けない自分にとって時間というものはそれほど重要視することもなく気の向くままに過ごしていたものです。その価値観は、社会に出てから一変し、時間の縛りというものは誰にでも平等に与えられたものであると痛感すると同時に時間の持つ残酷さにも気づかされました。その為、腕時計を購入するというの必然であり、ファッション業界に身を置くようになってからは、時計もファッションの一部であるという認識のもと自分に合った物を選ぶ過程で気に入り、手にしたモデルは73年式のANTIQUE ROLEX GMT MASTERでした。
また会社内でもスタッフにより身につけている時計には色があり、それぞれ個性があり、会社内でもそのスタッフのスタイルにあった時計を各自が身につけているのを見ると面白いなと感じてしまいます。ちょっと癖のある小振りなクラシックウォッチを付けているスタッフは他の人が気づかないような鋭い感性を持っていて、細かい仕事もソツなく熟し、またあるスタッフは王道なモデルであるが故にそのモデルをさらに突き詰めて上の上を行こうとするスタイルが仕事にも現れており、剛腕を振るいながらも、道標として正当性を必ず付き、そんなスタイルが時計にも現れているなと感じます。
最近、自分が使用している時計は、スタッフ間で誕生日プレゼントに日焼け具合が溜まらないゴーストベゼルをもらい、秋らしくブレスレットもレザーブレスに変更し、また違った顔を見せてくれる時計を楽しんでいます。
この手のスポーツウォッチの特徴としては、何よりも回転ベゼルを日や気分によって使い分けるという所に楽しみがあります。ベゼルは時計の顔にと言っても過言ではないパーツで、ベゼルを変えるだけで違う時計になったかの様な妙な錯覚に陥るくらいです。そんな場合によって、柔軟に変化を見せる事の出来る時計は自分の理想の具現化のような気がしてなりません。また今の自分に一番欠けているものだとを思います。
仕事においても、自分の時計のように柔軟に物事を考えられ、時にはそれを自分のスキルに吸収できるようなスタイルになれればと思い、この時計を身につけている節も必然的なものなのかもしれません。時計はその人の分身という訳ではないですが、そういった理想を持って時計を身につけているとさらに自分の時計が好きになっている気がします。

Kentaro  Motoki /  Staff

123