Diary

TITLE : Meaning to give silver for

今日がクリスマスという事もあり、沢山の方がプレゼントを求めて店頭に足を運んでくれています。東京では12月に突入して直ぐにイルミネーションで街が飾り付けられ、12月の後半のビックイベントに向けた雰囲気作りが行われていました。早めに準備をする事は、イベントを長く楽しめる事と比例しており、最近だとクリスマスムードも長く感じる事が出来ているのではないでしょうか。
そんな、クリスマスの定番の贈り物としてパッと思い浮かぶのは、やはりSILVER素材のアクセサリーが真っ先に思い浮かびます。個人的にもクリスマス=SILVERと言ってもいいぐらいのイメージを持っており、クリスマスプレゼントの王道とも言えるのではないでしょうか。

また、SILVERアクセサリーは昔から様々なモチーフと呼ばれる形で作製されており、お守りとして身につけていたと言われております。永遠の輝きと言われるSILVERを素材にしたアクセサリーは昔から大切な方への贈り物として今に根付いており、ファッションとして成り立っています。そういった昔のSILVERアクセサリーの歴史みたいなものを考え、知っていくことで渡す相手や選ぶアイテムにも、より意味を持つのではないでしょうか。

今では当たり前のように身につけているSILVERアクセサリーですが、大切な方から貰える意味、渡す意味を踏まえ、プレゼントを選んでみてはいかがでしょうか。

Naoki Kikuchi / Staff

TITLE : MY BOOTS

昨年ブランド10周年を記念して、様々なコラボレートアイテムをリリースしました。その中でも自分が一番惹かれたアイテムはロイヤルワラントを与えられているTRICKERSとのコラボレートでリリースしたCOUNTRYでした。リリースとほぼ同時に購入し、手入れをしながらようやくヤレ感のある良い雰囲気になってきました。
昔からそうでしたが、ブーツというのは新品の状態よりも履きこんでヤレ感が出てくる位が一番カッコイイ雰囲気で履けると思っており、インサイドのソールも沈みこんで自分の足に馴染んでおり、履き心地も抜群な一足に仕上がりました。
発売から早いもので1年が経過しました。1年間ほぼ毎日のように履いているとやはり愛着が湧いてきますね。他にも何足もブーツは持っているのですが、足を通してしまうのはTRICKERSです。ウィングチップの上品なメダリオンも履きこんだ雰囲気に拍車をかけてくれていますね。
そろそろヒール交換に出さなければならない位になってしまいましたが、戻ってきたらまた一年間付き合ってもらう相棒になりそうです。

Naoto Monma / Production

TITLE : New vintage

今年も早い物で残すところ1ヶ月となります。ブランドも来年には12年目を迎えさらなる飛躍を目指していきたい所です。ここ近年、円の高騰が著しく、また隣国の中国経済のバブルも重なり、ファッションに興味を持ち始めた方々が多く見受けられます。それによって影響されている部分も多々あり、特に日本国内にていわゆる”Vintage”と呼ばれているアイテムの値段の高騰がさらに歯止めが効かなくなり、今ではもはやファッションではなくコレクション化しているのではないでしょうか。例えば、腕時計一つ取っても3年前と同じモデルを比べても2、3倍以上の値段に開きがあり、一般の方ではもはや手の届かない所までいっているのではないでしょうか。ただ、考え方を変えてみると、当たり前に日々の時間が経過し、自ずと付加価値が増していくのが”Vintage”であり、さらに言えば自らの情報や知識を元に将来性を見出すことが出来るのも”Vintage”でそれが楽しみの一つではないでしょうか。ただ今の時代、自分達の20代、30代の世代が15年前以前のように勢いよく購入する時代ではないように感じます。だからといって安価で手に入り易い物を求めている訳でもないように感じます。総じて言ってしまえば個々の拘りはありながらも、現実を向き合いながら慎重に選択する人が多いのではないでしょうか。
慎重に選んでお金を払って購入する物に対して、見た目だけの判断や、流行りの目先を追うだけではなく、今の時代で言うならば、その物やブランドの将来性を自ら見出し"New vintage”としてなり得る物として購入をするのもまた、今の買物の楽しみ方ではあるのではないでしょうか。いつの頃か時間が経過し、自分達が見出した新たなVintageが次の時代にはさらなる輝きを放ってくれると願っております。
 CALEEでも、もう間もなくリリースされることとなるこのスペシャルなアウターもまた新たな”New vintage"の一つになるのではないでしょうか。すでに各メイン媒体でご覧になられている方も多く、嬉しいことに沢山の反響をいただいております。このアイテムもまた時間経過と共にさらに輝いてくれるのではないでしょうか。

Hiromasa Takahashi / Press

TITLE : ENVIRONMENTAL CHANGE

前回ブログを書かせて頂いた時には、暑さが少しありましたが気付けばもう12月で本格的な冬シーズンとなりました。街もイルミネーションに染まりだし個人的にはこのような街の雰囲気が何となく暖かくなるこの季節がとても好きです。そして来月には新年を迎えます。歳を重ねるごとに一年が早く感じるようになりました。その中でも今年は特に早く、一年を振り返ってみると、様々な出来事があり自分の中でとても変化のあった一年となりました。特に大きい変化はCALEEの一員となった事でしょう。毎日が新鮮で色々な事を学び、まだたった2ヶ月ではありますが怒濤の日々でした。これからもお客様やスタッフの方々にサポートして頂き、もっと魅力のある提案をしていきたいと思っております。そんな自分に取って大きな変化のあった一年を過ごし、来年へのモチベーションを上げて行く為にも、自分へのご褒美をと考えた時、常に肌身を離さず持っているレザーアイテムやアクセサリーを購入しました。ウォレットやiphoneケースは使用頻度が多く経年変化も楽しめます。それはアクセサリーにも同じ事が言えるのではないでしょうか。シルバーやブラスを磨き、手入れをする事で愛着が湧いていき自分の中で特別な思い入れが宿っていきます。そういった変化や手入れをすることで購入した時の高揚感や決意などを再確認できる事でまた原点に常に戻る事が出来るような気がします。皆さんは一年間頑張った自分へのご褒美は決めたでしょうか。

Hirotaka Ando / Staff

1