DIARY

TITLE : 一年を振り返り

事務所では本日で仕事納めとなります。今年一年を振り返ると、怒涛に過ぎた一年に感じます。その中でもプレスとしては、ブランドとしてのメインツールでもあるカタログ作製に力を入れ、海外撮影に関してはアメリカで撮るメリットをより考え、国内では決して撮影出来ない壮大さやリアリティーを細部まで追求し撮影を行いました。さらに写真そのものが持つ良さだけではなく、新たにデザイン要素を多く取り入れ、デッサンやアート、加工を施したページ作りを行い、ブランドの世界観をより出すことが出来たのではないでしょうか。国内撮影でも30人以上の海外の素人モデルを集め、大掛かりな撮影を行い、秋冬コレクションでは海外で活躍するモデルを起用し、より洗練されたビジュアルの提案を行っているのもお客様の目には新鮮に映ったのではないでしょうか。
現状でも次回のカタログ作製の為の打合せは進んでおり、年始早々に海外での撮影も予定しております。来年も同じように新たな試みをどんどん行っていき皆様がブランドの世界観、ブランドの持つアイデンティティーを深く知って頂ければなと思っております。来年のカタログではモデル撮影だけではなく、スタッフ達はもちろん友人達、物を作る為に協力して下さっている職人、業者の方々などよりブランドに深く関わる人達の日本人のリアルクローズとしてのスタイリング提案も次回のカタログでは皆様にお見せ出来ればなと考えております。2017年も皆様の期待に応えられるようブランドとして精進して参ります。
是非、期待していて下さいね。

Hiromasa Takahashi / Press

TITLE : WORK STYLE.

あっという間に12月も後半となり、2016年もあと少しで終わりを迎えようとしております。今年も一年があっという間だったなと感じており、時の早さには心底驚かされます。昨年の今頃のBLOGを読み返してみると、CALEEに入社した事で毎日が新鮮で日々勉強になる毎日を過ごしていると書かさせて頂いておりました。思い返してみると右も左もわからない毎日で充実した毎日を過ごす中で悩んだり、苦しんだりを繰り返し試行錯誤をしていた時期だと思います。一年の時を経て、去年と殆ど同じタイミング東京転勤という状況となり、去年とはまた違った場所で同じような新鮮味のある毎日を過ごしております。今までは大阪店勤務で店頭に立たせて頂く事が多かったのですが、東京では事務所での勤務が多いです。これまではあまり把握していなかった事務所での仕事は、ブランドで働く人間としてはとても重要な事で、大阪で働いているだけでは見えなかった部分だと感じており、このような環境で仕事をさせて頂くことは勉強になる毎日でありがたいことだと感じております。現状は慣れない事ばかりでまだまだ皆様の足を引っ張っている状況で悪戦苦闘の日々が続いておりますが、なんとか早く力になれるようにと常に考えております。
このように文に起こして書かせて頂くと改めて自分にプラスになる職場だと感じる事が出来ます。CALEEに入社するまでの仕事では、決められた仕事を淡々とこなし、毎日に変化がなく、正直仕事での向上心はないような状況でした。今では何か一つでも先輩方に認めてもらおうという意識で仕事に取り組んでおります。少数精鋭で会社を運営している中では、様々な仕事が出来るオールラウンダーが求められます。人が沢山いる状況で効率的に仕事を進めようとすると、その仕事を専門にこなす部署があり、その部署以外の仕事は全く出来ないという状況になるのではないでしょうか。そういった考え方をすると様々な仕事をこなせる人間の方が重宝するに違いないのです。また、仕事というのは日々の中で効率良くするにはどうすれば早く片付くのかと教えられる訳でもなく、自ずと考えるもので自分を追い込んだ環境の方が結果的には成長に繋がるのです。そのように動いてきた先輩方が沢山いる会社で、皆さん凄さを目の当たりに出来るのも人生の中でとても貴重な事だと改めて思います。何をするにしてもそうですが、目標がないと自分を奮い立たす事は難しいと思います。そういった事も踏まえて、2017年はしっかりと目標を立て、年末に自分を振り返って良かった所や悪かった所を思い返す事が出来ればと思います。皆様も年末という事で今年一年の自分を振り返り、目標を持って仕事に取り組んでみてはいかがでしょう。また、そういった仕事の中にCALEEのアイテムを取り入れ仕事へのモチベーションを上げてみるのもいいかもしれませんね。

Hirotaka Ando / staff

TITLE : FOR YOU

もう早い物で、後2週間程で2016年も終わりを迎えようとしています。早過ぎると感じる部分もありますが、それだけ充実したライフワークを送っているのだと実感させられる部分でもあります。来週末に控えた、クリスマスを迎えると一年の行事という行事はすべて終わるのでないでしょうか。街中もイルミネーションで賑わいを見せ、夜にしか見る事の出来ない煌びやかさも感じられます。自分は当日は仕事の都合を早めに付け、友人と軽く盛り上がろうと思っていますが、いろいろな過ごし方する方がいると思います。友人同士で盛り上がったり、また一番大事な家族や恋人と一緒に時間を過ごす方、また会社関係で上司や同僚と普段の仕事などのストレスを発散する方、様々だと思います。
人それぞれ、いろんな所で多種多様に過ごす方が多く、いろいろな所で様々な時間が動きますが、プレゼントを渡したり渡されたりと言うのはいつになっても子供から大人まで変わらない風習なのではないでしょうか。
いつも店頭の方に立っていると、この時期そんな事を考えてしまいます。店頭の方でもクリスマスに友人、または大事な方にプレゼントを選びにくる方は多くいらっしゃいます。勿論、そんなお客様がいらっしゃった場合には最善のサポートをさせて頂くのですが、クリスマス当日はそういったプレゼントをもらい、渡され、いろいろな所で笑顔が生まれているのかと思うと、何だか自分の中でも何だ和やか気持ちになれます。
自分に置き換えてみても、同じ事でそんな和やか気持ちになれるのは、販売という仕事を通してなのだと実感しました。プレゼントをもらう側も渡す側も様々な思いがあり、それも自分も担い手の一部になっていると思うと、少し嬉しい気持ちと誇らしげな気持ちが入り混じって来ます。

最高のプレゼントをあなたに…。

そんな一時を店頭でも提供できればと思っています。自分もそんな気持ちで大切な人に渡すプレゼントを今年は探してみようと思います。

Kentaro Motoki / Staff

TITLE : 年末に思う。

年末になるといつも、あっという間に過ぎ去った一年を振り返り、あーだったなこーだったなと自分の中での反省会です。ただいつも心掛けている事は、自分の中で反省した後に最終的には前向きに持っていく事です。昔から考えすぎてしまう性分なもので、ダメだった部分を見つめ直すと自分を追い込んでしまう癖があり、後悔して反省会終了といった事になりかねないからです。良かった事はもっと良くする為にはどうしたら良いか。逆に悪かったところはどうしたら良くなるのか。それを考えるのは当然の事ですが、自分としては、悪かった事に気付いた自分に、まずはその自分のダメな部分に今気づいて良かった。だから次は改善出来る様に考えようと切り換える様にしています。都合の良い事かもしれませんが、まずは自分のモチベーションをどこに持っていくかを大事で、一年の締めくくりだからこそ、特にそう考えるのです。
一年間毎日書き込んだ手帳を見て、今年は何を思うのだろうか。
毎年の事ですが、ああすれば良かった、こうすれば良かったなど、後悔する事も多々有ると思います。ただそんな自分も受け入れなければ前に進めません。

何がどうあれ、一年の締めくくり、良くも悪くも来年に向けて、晴れ晴れと突き進んでいきたいと思っています。

Masayuki Hayashi / Staff

TITLE : What I want to convey

12月に突入し、今年も残り1ヶ月となりました。この時期には毎年思うことがあり、時間の流れの速さにいつも気付かされます。そんな、今年新しく東京に大阪店のスタッフが期間限定で研修に来ております。若いスタッフで人生経験やアパレルの経験値としてはまだまだ未熟ではあります。ただ、若いからこそ出来ることや若いからこそ出来る考えや発想、そういった部分でCALEEを盛り上げて行くような下からの押し上げに期待したいですね。僕らスタッフも会社の先輩として、人生の先輩として経験してきたことを伝え、それをどう活かすかは本人次第だと考えております。頭ごなしに仕事を強要するのも時として大事なことではありますが、自主性や個性を活かすには自分なりに考えて行くこともまた重要だと思います。
特にアパレルの業界では立ち振る舞いが特に重要で、細かい言動まで気を配る必要があると思います。どの仕事も対人になることが多く、立ち振る舞いや言動でその人を見てしまう傾向にあるので、そういった細かい部分が絶対的に必要になってくると思いますし、僕自身が一番気をつけている部分になります。ただ、先輩の数だけ教えがあり、混乱することもあると思いますが、教えてくれる人が多い分、選択肢は増え、成長出来るのではないでしょうか。様々なアドバイスを聞いた上で自分なりに消化するのが良いとは思います。ただ、厳しくも愛のある鞭でお互い成長し、会社の成長に繋がればと思います。そんな会社のルールや社会人としての言動、立ち振る舞いなど自分なりに伝えていかなければなりません。それが会社の為でもありますし、後輩の為でもあるからです。その中で混乱することがあれば、酒の席に誘い、愚痴の一つでも聞いてやろうと思います。

Naoki Kikuchi / Staff

TITLE : 粗だが野にして卑にあらず

師走が急ぎ足でやってこようとしているこの時期は、柄にも無く自己回顧録なんてものを書き上げてしまいたくなるものです。
CALEEに入社して約6年。小学校入学からもう間もなく卒業を迎える位なんだなと思いました。こうして書いてみると膨大な時間のように思えてしまうものですが、体感時間はあっという間と言ったところでしょうか。
友人に誘われてCALEEの門を叩いた約6年前。今まで洋服屋として培ってきたものが活かされ、形となる事がこれほど充実感を得られるとは思いもせず、洋服屋なんてものは自己顕示欲が肥大した人間であるべきなので、時にはぶつかり、時にはへし折られ、それでも美味い肴と酒の前では、腹を抱えて笑う事もしばしば。そんな濃密な時間を過ごせたのは、代表のおかげであり、仕事を教えてくれた直属の上司のおかげであり、肩を叩いて鼓舞してくれた隣に座る親友のおかげであると言う認識は、他者から見てもさほどズレた認識では無いと思っています。
洋服屋としての知識は入社以前に大概の事は掴めたと思っていました。しかし、入社して一番教わった事は、大げさに言ってしまえば人生の処世術でしょうか。特に代表、直属の上司は自分よりも、刺のついた門松を多くくぐってきている分、様々な場面で教わる事の多い事数えきれず。時には言い訳の仕方から、電話対応における語尾投句まで教えられたものです。
仕事の話しをする時は、借り物の言葉ではなく自分の言葉で話せ。それが前提で初めて耳を傾けてくれる。
仕事の話しをする時は、嘘をつくな。すぐにバレる。
仕事の話しをする時は、知ったかぶりをするな。後が続かなくなる。
こんな当たり前の事ですが、以外と出来ていないものです。そんな当たり前の事を大人になって改めて教えてくれる会社も、指折り数えたところで両の指で足りるだろうなと思います。
CALEEにいるスタッフは、自分を含め世の中で言う既得損益権のエリート然としたものや血統証の付いた人間ではありません。しかし、パソコンに羅列され た数字を見て世界を知った気になっている人間ではおよそ見当もつかないであろうクリエイティブが生まれる瞬間があるのもまた事実。

粗だが野にして卑にあらず。

CALEEを体現する言葉でこれほど相応しい言葉もまた中々思い浮かびません。自分も、粗だが野にして卑にあらず。を地で行く事を目標にしたいなと思った11月の暮れでした。

Naoto Monma / Production

TITLE : 仲間たちとの….

先週展示会を終え、今週は各取引先バイヤーとの入念な打ち合わせを再度電話にて行っております。展示会準備で毎日深夜まで作業をした事も今となっては懐かしい気にさせられます。特に、展示会最終日の前夜祭という名目でスタッフ全員とバイヤーさんで夜通し騒いだ事で、展示会準備で溜まっていたものが発散させられたような気もします。年に何回もこういった全員が揃う事は大阪店がある以上、機会が少ない分いつも以上に楽しい時間を共有出来ました。
 今年も残り僅かですが、年末まで駆け足となりそうなので年末時にはまた忘年会という名目で全員が集まれればいいなと思います。

ただお酒を飲むだけではなく、仕事の話も膨らむ時間というのは貴重であり、仲間というものを再認識されられる良い時間に出来れば良いなと思います。

Hiromasa Takahashi / Press

TITLE : NEW LIFE.

11月に入り、気温も冬らしくなってきましたね。今週はCALEEの展示会が行われました。事務所も準備や展示会などで忙しくあっという間に過ぎ去った一週間となりました。また、個人的にも11月から大阪の地を離れて、東京へ転勤となり、店頭や事務所勤務など今までとは違った環境での一週間となり、展示会特有の雰囲気と慣れない土地での生活に今までに体験した以上の疲労感となりました。しかし、そういった状況の中にも新鮮さを感じる事が出来たので満足感も感じる事が出来、とても充実して仕事に取り組めた時間でした。
今までずっと大阪に住んでいたのですが、東京に来て第一に感じた事としては、やはり日本の首都であり、様々な事で規模の大きさを感じます。大阪にいる時にも東京には足を運んでいたのですが、そういった事は今までそこまで感じたことがありませんでした。いざ、住んでみるとなると小さな街でも人が非常に多く毎日驚かされております。また仕事の部分でもこれまでは大阪にいたという事もあり、事務所での作業などは殆ど把握していない状況でした。東京勤務になり、事務所で作業をする日もあるのですが、大阪にいる頃にはメインが店舗運営だった事もあり、現状では慣れない作業で他のスタッフの方に色々な作業を教えて頂いております。東京でも店頭をメインに働かせて頂きます。まだ数回しか店頭には立っていないのですが、大阪のお客様とは違ったスタイリングやお話が聞ける事でとても楽しい時間を過ごせているなと改めて感じさせられます。また、月に一度は大阪に戻る機会があるので、東京のお客様のお話などを話せれば良いなと思っております。また、場所は違えど同じSTEWARDS LANEのお客様ですので、大阪と東京を繋げられるパイプ役にもなりたいなと考えております。東京勤務になる事で、雑誌媒体の情報や洋服のトレンドが大阪 にいた時よりも早く伝える事が出来る様になると思いますので、そういった部分にも意識していき、東京、大阪を共に盛り上げて行きたいと考えております。
CALEEの展示会が終わり、少し一段落したので、お店や事務所での作業にも早く慣れて皆様の期待に応えられる様に東京の地で頑張って行きたいと思います。

Hirotaka Ando / staff

TITLE : Youth

CALEEというブランドに携わり、今年の11月で丸4年の月日が経ちました。自分の中ではそこまで意識はなかったのですが、早い物で20代後半だった自分も気が付けば30歳を越えているのには少し驚きます。本当に時間とは経つのが早いもので、こういった自分にとって節目の時期には何かと昔の事を思い出てしまいます。今から11年前、自分はCALEEというブランドに出会い、今に至る訳ですが…。
まだ、当時はヤングカジュアルの中心は裏原ブランドのイメージが強く、ストリートブランドという言葉も世の中では少しずつ店着した2000年代初頭、様々なブランドもいろいろな角度に方向転換をしていき、綺麗めに着こなすストリート系から、ボトムスは極太のデニムで合わせたオーバーサイジングなスケーターファッションまで、いろいろ派生していった時代でした。その中でもストリートアメカジという言葉が世に出始めたのもこの頃だった思います。俗にいう西海岸のスケーターファッションのノリから派生した西海岸のアメリカンカジュアル、スケートなどのカルチャー以外にもバイクやカーなどのモーターサイクルカルチャーをバックボーンに背負い、どことなくルーズなボトムスにアメリカの土臭さを感じさせるファッションが流行り始めていた時代でした。CALEEとしても産声を上げた頃は、そんなストリート色を感じさせ、ストリートアメカジという言葉の世の中に定着した時代だったと思います。そんな時代にCALEEに出会い、自分の視点を通して様々なアイテムを見てきた自分の目は顧客という角度からの切り口として自分にとっては今一番の財産だと感じます。また、ブランドの人間としても物事やアイテムを客観的に見る事も時には必要であって、自分にとってはその経験や時間が自分だけのスペックのようなに感じています。12年という世の中的には短い時間かもしれませんが、この12年間にはたくさんの拘りや思い、携わってきた人間の人間性が詰まっています。
そんな事をこういった節目には思い出し、自分の中で原点に返り、自分がまた動き出す良い原動力になるものです。少し特殊かもしれませんが、すべてにおいて同じ事が言えると思います。昔や原点を振り返る事ですべてが解決する訳ではないですが、今の時代を生きる何かヒントにはなるのではないでしょうか。

Kentaro Motoki / Staff

TITLE : Two years pass…

11月よりSTAFF 安藤が転勤になるという事で、先日STEWARDS LANE OSAKAのお客様に集まって頂き、送別会を行いました。洋服の販売員とお客様の関係から派生し、一緒にお酒を酌み交わし、洋服の話しだけではなく、プライベートや仕事の話しなどで盛り上がる事が出来た楽しい夜会でした。
STEWARDS LANE OSAKAがオープンして2年が経ちました。東京の本店に立っていた時が懐かしいと思う位の感覚です。見知らぬ土地で生活する事は簡単な事ではありませんが、自分なりにも大阪の土地に慣れ、交友関係も広がってきました。ファッションの流れは勿論、人との接し方など、東京で培ってきた事を、そのままやる事だけが正解ではないとも感じています。
今回の様に、お客様とプライベートな時間を共有する事は、本店にいた頃はやっていなかった事でしたので、それはお客様にとって良い事なのか?という事をとても悩みました。ただ自分はどうしたいのかを考えた時に、SNSやWEBでのコミュニケーションが主流の現代社会で、もっと温かみのある繋がりを作れないのだろうかと考えたのが一番でした。自分が出来る事は、洋服という同じ共通点で集まる方々で、お互いが同じ意思を持っているのであれば、繋げる事も良い事なのではと思ったのです。自分が洋服の買い手だった頃、つまりまだアパレル業界に入る前、仕事以外で知り合った友人や先輩は、ほとんどが洋服で繋がっていたので、こういった時代ではありますが、普段からお店に通って頂いているお客様に対して、恩返しは出来ないのかなと始めたのがきっかけでした。
見知らぬ土地に来て、不安ばかりでしたが、今こうやって続けていけるのも、お客様がいてこそだと思っているので、自分としても今のお客様には大変感謝しています。
お客様それぞれで人生があり、その人生の中の一部にCALEEというブランドやSTEWARDS LANEというお店が存在しているだけでも素晴らしい事です。

今年も残り2ヶ月となりました。
これからも皆さんのライフスタイルの中にあり続けられるように、精進したいと思っています。

Masayuki Hayashi / Staff