Diary

TITLE : To the next stage part1

2016年、ブランド12年目を迎え、20周年に向け、新たな種まきの時期と捉え、10年までの勢いで継続させてきたことだけでは、さらに会社として成長して行くには難しいと考え、現状の日本国内の経済情勢はいっこうに上向かず、ファッション全体に対して、コンシューマーの品定めが厳しくなっております。大手でも苦戦を強いられており、またこの状況に被せるかのごとく暖冬が続き、消費者離れは深刻化しているのが一般的な状況ではないでしょうか。その中でブランドとして生き残りを賭け、2016年は"SOWING SEEDS"と称して、まずは己の地盤をしっかりと固める時期ではないかと思い、各部署ごとにただ現状を見つめ直すだけではなく、新たに10年計画に基づく目標設定を行い、それに対しての対策を思案致しました。物作りにおいてはオリジナルマテリアルの作製だけでは無く、今の購入してくれる世代に対しての、5年後、10年後の成長を見据えた提案型の企画や”JAPAN PRIDE “とコンセプトに掲げている通り、今よりも更に日本独自の物作りを今の若い世代に提案し、さらに踏み込むと海外に向けても日本の物作りを提案して行きたいと考えております。またここ近年、物作りの根底にある “VINTAGE”には無い、”NEW VINTAGE”の提案を行い、”VINTAGE “の良さは残しつつも、”VINTAGE”には無いディテールの組み合わせやカラーリング、サイズ等"VINTAGE" を知っている層から知らない層まで幅広く響くアイテムを提案したいというのは常に思っております。2016年のこれから続々とリリースされるアイテムをご覧になって頂ければ分かるかと思いますが、今までリリースされていないようなアイテムや、アメカジ定番のアイテムとしてリリースされている物も、オリジナリティーに溢れ、洋服を着るという洋服本来の楽しみもしっかりとあるのではないでしょうか。
PRとしても、より一層ブランドの世界観が伝わるビジュアル作りに加え、その中でも色濃くブランドの思いや、伝えたい事が分かるようなメッセージ性のあるビジュアルも考えております。そのビジュアルを作る上で、特にブランドブックには、更なるクオリティーの向上と絶対的なボリュームは変わる事無く追求していきたいと思っております。また、前年より新たにブランドツールとして加えたSNSは勿論、ブランドブログや旗艦店のブログも日々欠かさず、徹底する事でブランドをより深く知って頂けるというのは、スタッフ全員の認識です。写真一枚にも拘るからこそ伝わる物が必ずあると思います。2016年からの課題の中でメインとなるのは、ドメスティックアメカジの枠を飛び越え、日本人の若者に対してCALEEをもっと知ってもらう、興味を持ってもらう様なプロジェクトも進み始めようとしております。新規獲得はどの業界でもマストの課題ではありますが、ただ待つのでは無く、自分たちから打ち出していくことで目に留まると思っております。

ブランドとして、これから先の10年を見据えた動きや課題、プロジェクトを始動させる為の根本改革を行う一年になるのではと思っております。SALESに関しても思うことは多く、この題に対しては次回にお話しさせていただければと思います。 次回へ続く

Hiromasa Takahashi / Press

TITLE : HISTORY

一月もあっという間に半月を過ぎました。今年は暖冬という事で寒くなるのがずれ込んでいる為、あっという間にこの冬も終わり、春が訪れるのでしょう。春のデリバリーも少しずつ店頭にも並び始め、これからのスタイリングを想像するのも、また違った楽しさがあります。

そういった中で自分が、季節を問わず着用しているアイテムとなると一番初めに思いつくのが、デニムパンツになります。今の時代では誰もが一着は持っているアイテム。しかし、デニムパンツの原型はアメリカの労働者が丈夫で耐久性のあるパンツが欲しいという声から生まれたものです。そのような流れで誕生したアイテムなので、当時は一般的に普及はしていませんでした。その後、ファッションアイテムとして認識され始めたのは、戦後の事で銀幕スターが着用してしていた事やジーンズを生産するメーカーがカジュアルウエア市場に本格的に参入した事が大きい様です。その様な歴史を経ていると考えると感慨深いものがありますし、身近に感じていたアイテムに愛着が湧いてくるのではないでしょうか。

またデニムパンツといえば、経年変化を楽しめる事も自分がよく着用する理由です。まさに十人十色の色落ちが楽しめ、その色落ちで生活感までも見えてくる。洗濯するだけでもワクワクするアイテムは他には無いと思います。自分自身、色落ちが楽しみでここ最近はデニムパンツばかり履いてしまっています。今履いているデニムパンツもいい感じの色落ち感になってきているので、もっと履き込んで、より自分らしいデニムに仕上げていきたいですね。

Hirotaka Ando / Staff

TITLE : LIVE IN FEEL

ファッションアイコンと言うと様々ありますが、自分の中でライフスタイルと共にあるアイテムと言う物は、特に思い入れが強く、自分に取っての存在意義ではないかと常に思います。個人的に生活の一部として共にある物の中で一番存在が大きい物と言えばグラシーズではないかと思います。

恥ずかしながら、昔から非常に視力が悪く、普段はコンタクトレンズを使用しているのですが、プライベートや細かい作業をする際は常にグラシーズを掛けています。学生時代から常に眼鏡を使用しており、自分の生活の一部のようなアイテムです。また若い頃から常に身につけるアイテムだからこそ、ファッショナブルな物をと意識し、他の人とは違う存在価値を探し始めたのもグラシーズだったかもしれません。

CALEEで製作しているグラシーズは皆さんもご存じの通り、眼鏡産業の聖地、福井県鯖江市で職人が手塩を掛け、いい意味で頑固な作業工程で製作しているまさに拘りを貫いたアイテムです。JAPAN PRIDEを掲げたブランドならではの拘りが、一番色濃く表現されているのはグラシーズではないかと自分は常に思っています。今まではウェリントンタイプのグラシーズを生活の一部として常に使用していましたが、最近リリースされたブロータイプのグラシーズで今季はレンズに入れてLIVE IN FEELに溶け込むアイテムとして使用してみようと思っています。

Kentaro Motoki / Staff

TITLE : A HAPPY NEW YEAR!!

新年明けましておめでとう御座います。
正月ボケから頭がまだ解放されていない方も多いのではないでしょうか。

新しい年を迎えると、気が引き締まる部分があります。年が変わる前に一年を振り返り、改めて自分と向き合う事で、常日頃から見過ごしていたウィークポイントを再確認し、新たにスタートするいい機会だと思っています。
自分としましても、昨年末に一年間を見つめ直し、仕事、プライベート共に2016年を有意義な年にする為の課題を見つける事が出来ました。
昔から年始は特別感があり、カウントダウンを迎えた瞬間のあのソワソワする雰囲気は未だに感じる感情です。
STEWARDS LANE TOKYO,OSAKA共に、1月2日より本年度の営業をスタート致しました。
年始に合わせてジャケットをリリースし、お客様にも年始を迎えたというその特別感を味わって頂きたいと思っております。

本年も変わらず、お客様に喜んで貰える様なアイテム、サービスを追及していきますので、。是非店頭でお待ちしております。

Masayuki Hayashi / Staff

1