DIARY

TITLE : BESPOKE ITEM

5月の大型連休、GWも終わり、仕事においてもプライベートにおいても一段落という方も多いのではないでしょうか。個人的にもやっと5月の中旬を終わりを迎えた今週、やっと仕事においては一息入れられそうです。GW中に関しては、全国の一斉発売となった別注アイテムが非常に印象に残った連休だったと思います。年3回のコレクションでアイテムをリリースしていた去年から一新し、今期から年2回のコレクションにブランドとして変更し、今期に関しても、それに合わせた別注アイテムを数多くリリースしています。そういったラインナップも常にスタッフ各自がアンテナを張り、何か新鮮な物を探し求めた探究心から生まれているものです。また、そういった所で、個々に思い入れがあったりするものです。ただ、そこまでに辿り着くためにも、マーケットのリサーチ、セールス、その中にバッティングがないかなど様々な企業連携から生まれるものである事は行ってみると良くわかります。
先日リリースされた海外のアウトドアブランドCLASS5のバックパックをベースにCALEEの別注としてリリースしたバックパック、そして老舗ブーツメーカーDANNERとのコラボで実現したレザーサンダル、どちらもCALEEならではのオリジナルのマテリアルがあり、その中に別注ならではの拘りが詰まっています。また、スポーツテイストやストリートスタイルにトレンド感がある今、そこにもフューチャーしたアイテムは年齢問わず、アウトドアからスポーツシーンまでしっかり抑えれるのでないでしょうか。また、そういったアイテムをリリースし続ける事がブランドとしての使命だと感じます。時代に取り残されず、常に目指す矛先はファッションの先端にあるようなそんなブランドでありたいと思った5月の週末でした。

Kenrtaro Motoki / Staff

TITLE : 温故知新

温故知新。
勉強が苦手な自分でも知っている四字熟語です。学生の頃から知っていた言葉でしたが、すぐに自分の人生に当てはめたわけではなく、少しづつ自分の中には入ってきた言葉でした。
特に、昔から存在するものからインスパイアーされ新しいものを生み出す様な、今就いている仕事をしているからこそ、この言葉がとても重く感じます。
また、自分も歳を重ね、自分と比べると、一回り以上も年齢が離れているお客様と接していると、新しきを知るといった事に関しては、かなり敏感な方も多いのですが、古きを温ねるといった癖がないというか、その行為自体をしないような方が多いような気がします。勿論それはダメな事ではないですし、実際新しいものは進化しているものなので、最先端のものを知っていれば良いですし、わざわざ古いものを調べたりする時間は必要ではないとする考えも分かります。
まぁ単刀直入に言いますと、面白いか面白くないかという事で、あとはどこまで好きになるかという事だと思っています。人間関係と同じで、表面上だけしか知らないと、何か引っかかって面白くないし、心から相手を好きになれないと思います。相手を探り深く知っていく事によって、その人の本当の面白さだったり人柄が分かり、本当の意味で信頼出来る人になっていくと思うのです。
CALEEでリリースしているアイテムも、何かコアな部分が隠されています。ベースになっているモデルだったり、シルエット。更にもっと深く突き詰めれば、製作した経緯だったり、製作に携わった人々など、アイテムの見た目からだけでは分からない根っこの部分です。
別に気にならないと言われたらそれまでですが、自分らが皆さまに提供している洋服は、それらも含めて一つのアイテムなのです。

Masayuki Hayashi / Staff

TITLE : widen possibility

5月、GW真っ最中で個人的にも4、5日で金沢のCALEE取扱店、KOMPLETEに来ております。普段は東京のお店に立たせて頂いておりますが、この2日間はKOMPLETEでお客様と接する機会を頂き、普段とは違う刺激をもらい、とても貴重な経験をさせて頂きました。その中で個人的に感じた事は、自分のスタイルを確立している方が多いと言う事と、それに囚われ、自分の可能性を狭めている印象を受けました。
試着する前にそのアイテムは似合わない、試した事がないと言う、所謂、食わず嫌いなアイテムが多いという事です。自分の中でスタイルが確立している分、固定概念に囚われ、チャレンジする前にその可能性をシャットアウトする方が個人的には残念と言うか、勿体なく感じてしまったのが正直な気持ちです。アイテム個々での着用の仕方、合わせ方、そこを間違わなければ、自分のスタイルに新しいスタイルをプラス出来ると思うのですが、自分の中で似合わない、このアイテムは難しいとチャレンジすらしない、そこが非常に残念に感じました。ただ、2日間でお話させて頂いた方に関しては良い意味で、その固定概念を壊す事が出来た様に思います。ファッションに関しては自分の中だけでなく、第三者からの意見も重要な事で、自分が似合わないと思っているアイテムでも第三者から見れば似合っているケースもある様に、自分で決めつけず、様々なアイテムにチャレンジして欲しいと思っています。それがスタイルの幅にも繋がりますし、ファッションやスタイリングの楽しさも変わって来るのではないでしょうか。

様々なアイテムにチャレンジし、自分の可能性をどんどん広げて行ってもらいたいと感じた、充実したGWとなったように思います。

Naoki Kikuchi / Staff

1