DIARY

TITLE : 忙中閑あり

1年とは本当早いもので、先日、新年を迎えたと思っていたら、もう師走も下旬に差し掛かる所、、、早いものです。今年1年、何か自分にとって飛躍があったかというと首を縦に振る事は出来るのだろうか。そんな事を考えながら、diaryを開いています。今年はブランドとして年2回のコレクションに変更、そして初参加したカタログの海外撮影と非常に内容の濃い、1年だったと思います。時代と共に変化するブランドでありながら、軸は決してブレないブランドであるためにも様々な所から発信し、受信を繰り返し、アンテナを張り続ける仕事というのはどんな仕事においても同じかもしれません。ただ、その時代の中で、地位を確立するというか、梶を自ずと取れるかという事は、どんな事においても課題であるのではないでしょうか。
僕は常に心の中で、大事にしている言葉があります。昔からことわざで「忙中閑あり」という言葉があります。意味としては難しい意味合いではなく、どんなに多忙な生活の中でも、わずかな暇は必ずと言ってあるという意味です。この言葉は僕が仕事と向き合う上で、大切にしています。1年を通してこの言葉に問い掛けてみた時、仕事に余裕は持てていたのだろうか。また、その余裕をどういう風に自分へのステップアップに繋げる事が出来たのだろうか。自分の中で、暇=仕事において僅かに垣間見れる余裕だと考えています。また、常にその余裕があるからこそ、仕事のクオリティーが上がると思います。自論を語ってしまう場になってしまいましたが、この一年間はその余裕が自分の中でも把握できる事が出来、自分の中で満足の行く仕事が出来た一年だと思います。また来年を考えた場合、その余裕を時間として残す事が出来、自分の趣味や違った人との繋がりにも向ける事が出来ればと思います。そう思うと、来年を迎えるのが楽しくなってきます。一年を振り返り、何を思うのか、思い返す事が大事であって、そこに絶対的な達成感はいらないと思います。達成や満足感ではなく、フィードバックに残りの時間を費やしたいと思います。

kentaro  Motoki / Staff

TITLE : 大阪の地で…

街にイルミネーションが灯り始め、クリスマスを意識する時期に突入しました。個人的にこういった時期になると、クリスマスというよりも年末を意識します。一年の最後の月なので、身が引き締まる思いです。
直営店の2号店として大阪にSTEWARDS LANE OSAKAがオープンし、早いもので3年半の年月が経とうとしています。それと同時に、自分がCALEEに入社してのキャリアの半分の歳月を、大阪で過ごしている事になります。ここ最近では月に一度東京出張などもある為、大阪という土地柄に馴染んでいるようで馴染み切れていないのではと、ふと思う事がありました。ただそういった考えを払拭したのが、大阪で出会った仲間の存在でした。彼らとは大阪で知り合い、大阪の同じ空気を吸ってきた仲間です。そんな仲間達に支えられて今がある事を考えると、感謝の気持ちで溢れます。その反面、自分は彼らに何をお返しが出来るのだろうと、ここ最近強く考えるようになりました。
大阪を拠点に生活しながらも、東京を行き来している自分にしかない感覚。それを周りの仲間にも伝える事が一番良いのかなと。そう刺激しあう事で、自分の存在意義があるのではと感じます。

2018年は大阪でどんどん面白い事を発信していこうと思っています。そんな企画を、仲間を含めた大阪の人達だけではなく、大阪以外に住んでいる人にも楽しんで頂きたいと思っています。お楽しみに。

Masayuki Hayashi / Staff

TITLE : Year-end

12月に突入し、今年も残り1ヶ月となりました。この時期には毎年思うことがあり、時間の流れの速さにいつも気付かされます。それと同時に今年一年を振り返る、所謂、自分と向き合う時期にもなるのではないでしょうか。12月にはクリスマス商戦や年始の準備等、慌ただしく毎日が過ぎていき、この自分と向き合う時間が中々無いのが現実ではありますが、それを今年中にやるのとやらないのとでは来年に向けた準備としても成立しないように思います。自分の反省点や改善点が見えて来ないと新しい成長も無く、現状維持の自分が新年を迎えるのか、新しい自分で迎えるのかはスタートの段階で大きく差があるように思います。
ブランドとしての課題は勿論ありますが、個々の成長無しに、会社の成長はありません。企業は個々の集まりである以上、会社の成長は個人の成長であると思います。その為にも年末の忙しい時期ではありますが、年末は自分を見つめ直す良い機会だと思います。1月から新しく春のコレクションもスタートします。新たな自分でスタートが切れるように残りの1ヶ月を懸命に悔いの無いように過ごしていければと思います。

Naoki Kikuchi / Staff

1