DIARY

TITLE : CHANGE!!

仕事をする上で、気分転換は大事な事で、気分転換が出来る事により、また新たな可能性やアイデアが浮かんで来たりするものです。クリエイティブな
仕事であればある程、それぞれが個々の可能性を信頼し合い、共有する事でそれがチームとして機能するのではないでしょうか。CALEEというブランドも僕たちが行なっている
チームという事がまず第一前提にあり、そこから各々が派生している事だと思います。汗水流し働いた会社員が、大事な家族の元に家路を急ぐように僕たちには戻る場所があるからこそ、絶えず新しい事に取り組み、可能性を探す事が出来るのかもしれません。
可能性はどこに落ちているか誰にもわからないモノで、それは自分の足下かもしれませんし、時間の経過により見つかるモノもあるかもしれません。ただ、自分はその可能性を時間の経過や因果関係から見つかるのではなく、自分から見つけたいと常に思っています。それが「意図とした変化」ではないでしょうか。勿論自然と良い方向に向く変化は大事ですが、「意図とした変化」には必ず絶対的な裏付けが必要で、そこにもビジネスチャンスが転がっているのではないかと思っています。年を取るという事は変化を嫌うようになる、変化に対応出来なくなるという事だと自分は思っています。そうはなりたくない、自分の可能性を信じ、今年は仕事にもプライベートにも取り組んでいこうと思います。

Kentaro Motoki / Staff

TITLE : OSAKA LIMITED

2018年の初売り、大阪店限定での商品リリースは、今回が初めての試みとなりました。大阪で繋がった仲間から広がりをみせ、形になったアイテムです。CALEEは東京で発信しているブランドではありますが、大阪らしさをCALEEのフィルターを通して表現する事が出来たのではないでしょうか。
大阪に住んで約三年半ですが、土地が違えば地域性や言葉の伝え方、感じ取り方など細かなニュアンスなど、大きく言うと文化の違いを感じます。高校を卒業して東北から関東へ出た時も同じ様な感覚に陥りましたが、まだ年齢的にも若かったので、良い意味で吸収しやすく、馴染むまでそう時間は掛かりませんでした。関東から関西に拠点を移したのは、年齢で言うと30を過ぎてからで、年を重ねてからの環境の変化は、凝り固まってしまっている部分もあり、正直なかなか馴染みきれていない部分もあると思います。ただ、逆に年を重ねている今だからこその馴染み方、人との接し方、時間の過ごし方もあると思っています。
とは言うものの、まだまだ知らない事ばかりですが、今後も面白いと思う事を企画し、様々なジャンルの方々と共有していければと思っています。

Masayuki Hayashi / Staff

TITLE : Japanese culture

明けましておめでとうございます。
2018年が幕を明け、既に2週間が経とうとしております。
さて、年末年始でCALEEのBLOGやインスタグラム等で目にした方も多いとは思いますが、初売りにて暖簾や門松の設置、樽酒による振る舞い酒と日本の文化を打ち出し、新しいスタートを切りました。今季のメインアイテムでもあるOLD JAPAN VELVET COATは勿論のこと、今季のラインナップでは和をテーマにしたアイテムを数多くリリース予定となっております。アメリカンカジュアルという枠組みに和をエッセンスとして加えた今季のコレクション。アメカジをベースにどれだけ和を融合出来るか、または和を基本としたアイテムにどれだけアメリカンなテイストをプラス出来るか。
アメリカの文化も日本で馴染み深くなり、日本の文化が古臭いなどと薄れて行く世の中ではありますが、日本には日本の良さがあり、アメリカにはアメリカの良さがあり、良いとこどりが出来れば生活していく上でもアイテムを作る上でも、より良くなっていくのではないでしょうか。
あくまで日本人として日本の良さを後世に伝えて行くのも重要なことだと思います。
そんな当たり前のことを考えながら、日本の良さを再認識した初売りでした。

Naoki Kikuchi / Staff

TITLE : Good Old Japan

2018年の帳が開きました。いつだって新年は気持ちが引き締まるものです。今年はどんな一年になるのか今から楽しみですね。さて、今年度STEWARDS LANEでリリースしたLIMITED ITEMは"OLD JAPAN VELVET COAT"。日本古来より防寒着として親しまれてきたアイテムをスクラップ&ビルドにより再構築。鈍色の光沢を持つヴェルヴェットに家紋を想起させる刺繍をあしらった粋な一着に仕立てました。仲間内で羽織ってみればチーム感を演出すると共に、コートでトレンド感もしっかりとスタイルに落とし込むことが出来ますね。先人達が生き残るために産み出した知恵とCALEEのファッション性がしっかりと中心でクロスオーバーしたアイテム。と言うよりは作品と呼べるものではないでしょうか。
日本に今なお息づく染めの技法や、縫製技術、刺繍技術は何世紀も前に編み出されたものの上に成り立っているに過ぎません。今の技術は5を6や7、8にしているに過ぎず、0から1を産み出した先人の知恵には遠く及ばないものと想像出来ます。そんな先達にリスペクトを捧げつつ、現代にアップデートしていくという試みを行っているCALEEのOLD JAPAN COLECTION。古き良き日本の伝統にアメカジのエッセンスを加えたアイテム群のリリースが楽しみでなりません。2018年。今年もCALEEから目が離せない一年となりそうです。
遅ればせながら皆様明けましておめでとうございます。今年も昨年と変わらぬご愛顧を頂戴いただければ幸いです。

Naoto Monma / Writer

1