DIARY

TITLE : The man who has no imagination has no wings

2018 S.S COLECTIONが満を持してスタートしました。
前シーズンから引き続き「和」と「アメカジ」の融合をテーマに掲げ日本人としては元より、CALEEとして培ってきたものの矜持を持ってスタートしたシーズンとなりました。「和」この言葉から連想するものはなんでしょうか?人によっては着物だったり、刺繍だったり、柄だった、り染だったりするかもしれません。では、産まれ落ちてから今まで「和」というものにどれだけ触れてきましたか?という質問に対して明確に回答できる人は少ないのではないでしょうか。明確に回答できない理由は至ってシンプルで、日本人であるからだと思います。「和」というものが日常に混在し、当たり前の風景の中に溶け込んでいるからこそ、明確に回答できない。要は、触れていて当たり前ということです。
そして「アメカジ」はどうでしょうか。CALEEのブランドベクトルに共感していただける皆様であれば「アメカジ」もまた日常でしょう。
当たり前にある日常と意識して取り込む日常。足し算ではなく掛け算で作り上げた
CALEE 2018 S.S COLECTION。無意識で日常で触れえてるものを具現化するという難題に取り組み、世界の人々にも触れてほしいと願い、幾重にも折り重なったブランドの思いが詰まったコレクションです。

Good Old Japan

清々しいくらいに真っ直ぐなメインタイトルではないか。

Naoto Monma / Writer

TITLE : 嚆矢濫觴〜koushiranshou〜

自分が洋服を好きになったキッカケは何だっただろうと、ふと思い返してみました。それは、まだ10代の時に出会った先輩方の影響でした。まだ洋服をあまり知らない自分を、洋服屋に連れて行ってくれ、そこに集まる様々な先輩方に自然と憧れを持ち、自分もそんな先輩方と同じ価値観でいたい、対等に分かち合いたいと言う気持ちが強くなり、洋服に魅了されていきます。
そしてその中でも、CALEEとの出会いが一番大きく、自分を突き動かしました。モノづくりに拘り続け、日々進化し、毎シーズン妥協すること無く、アイテムを製作し続けているブランドとしての立ち振る舞いにのめり込むようになり、自分の好きなジャンルも確立されていきました。
CALEEがモノづくりのテーマとして掲げている「和とアメカジの融合」。
昨年もスーベニアジャケット、和柄のアロハシャツなどをリリースし、そして今シーズンの一発目は日本の伝統的な法被のディテールをモディファイしたジャケットをリリースするなど、CALEEが挑戦し続けるJAPAN PRIDEの魂が込もったアイテムの数々は、見事に自分自身の的を射抜かれたようでした。

年始からSTEWARDS LANE OSAKAに立たせて頂いています。自分自身まだまだ未熟な所ばかりですが、自分がお客だった頃にブランドから受けた衝撃と感動を、自分なりにお客様に伝えていければと思っています。
まだまだ進化し続けるCALEE。自分もその一員として切磋琢磨し、大阪の地を盛り上げていけるよう取り組んでいきます。

Koushi Sangawa / staff

TITLE : JAPAN STYLE

いよいよ2018 spring collectionのアイテムも徐々に店頭に並び始め、新たなシーズンが幕を開けました。また年が明けあっという間に2月に入りましたが、こういったシーズン立ち上げの時期は個人的に気が引き締まる想いが湧いてきます。今季もCALEEならではのアイテムが多数リリース予定となっておりますが、その中でもここ最近のシーズンで力を入れているのは、「日本」を感じて頂けるアイテムではないでしょうか。こういったテーマを基に、ウエア、アクセサリーなどにも様々な形で落とし込んでアイテムをリリースしております。その中で、最近リリースされ個人的にも直様購入したアイテムが「福」の文字をフロント部分に配置したリングになります。少し大きめでインパクトのあるメキシカンリング調のリングですが、この一文字で尚更、日本らしさも十分に感じる事が出来る逸品にではないでしょうか。
ウエアでは和柄や日本に古くから伝わる生地などで日本らしいアイテムがリリースされておりますが、今季はリングやネックレス、レザーアイテムなどでもそういったアイテムがリリースされておりますので、日本人ならではで日本人らしいアイテムを身につけて気持ちを高めてみるのも良いのではないでしょうか。まだまだこれから多数アイテムがリリースされるので個人的にもデリバリーが楽しみです。

Hirotaka Ando / staff

1