DIARY

TITLE : GOOD OLD JAPAN

近年のインターネットの普及で、日本国内だけではなく、他国の様々な情報が手に入る様になりました。海外に進出する方、海外から日本に来られる方も増えています。日本の歴史を見ると、鎖国をしていた時期もあり、島国という事で、他国と比べるとまだまだ遅いところもありますが、確実にグローバル化が進んでいます。様々な国の文化が流れ込み、ライフスタイルの幅が格段に増えています。
ただ、そんなグローバル化が進んだ現代だからこそ、日本独自の素晴らしい文化がある事を忘れてはいけないと感じます。そして、それを伝承していかなければ、グローバル化にかき消され、その素晴らしい文化が衰退していってしまう事も、自分たちの世代では感じ取っていかなければいけないと思います。
50年後、100年後を見据えた時に、どういった日本になっているのかを想像してみる事。
どういった日本でありたいかを想像してみる事。
そういった想像から日本の未来が変わってくるのではないでしょうか。
本格的に始動したCALEE 2018 SPRING / SUMMER COLLECTION。すでにリリースされているアイテムやカタログを見て頂いた方はご存知だと思いますが、今シーズンのコレクションは、”和”というものに更にフォーカスをあて、アメリカンカジュアルと組み合わせたアイテムを多数リリースしています。
”GOOD OLD JAPAN”。
様々な国の文化が混在してきている現代の中、日本という国として、そこで生まれ育った日本人として
誇るべきものや、日本人として忘れてはいけない、文化だったり伝統なりを組み込む事で、そういった文化や伝統を知らない世代の人達や海外の方に、発信していければと思っています。

Masayuki Hayashi / Staff

TITLE : Things that change and those that do not change

3月に突入し、続々と新作がリリースとなっております。各媒体やSNSでご覧になっている方も多いと思いますが、今シーズンは和をテーマに様々なアイテムに和を取り入れてアイテムを作製しております。アメカジをベースにしている以上、ベースを変えずに和をプラスし、日本らしさ、CALEEらしさをアイテムに反映させるべく、アイテムを作製し、皆様にお見せ出来るブランドブックに関しても和の風景をベースにした国内撮影を行ないました。アイテムと相まって和の雰囲気を存分に詰め込んだブランドブックになっており、今シーズンの全てが掲載されております。また、海外撮影ではベニス、サンタモニカ等の撮影に参加し、西海岸での撮影を敢行。中心にアメカジがある以上、ブランドブックの完成には欠かせないピースであり、CALEEの根源になる部分だと自負しております
アイテム作りや撮影等、ベースになるものは変えずに新しいエッセンスをプラスした今シーズン。変えるべきもの変わらないもの、アイテムも撮影も常に進化を求めた結果として今シーズンのブランドブックが完成しました。是非、ご覧になって頂き、今シーズンの全てを感じて頂ければと思います。

Naoki Kikuchi / Staff

1