DIARY

TITLE : OUR GANG

"GOOD OLD JAPAN"と銘打ってスタートした2018 SPRING/SUMMER COLLECTION。ブランドブックをご覧になった方はご存知だとは思いますが、前半は日本の建物や庭園、畳など、日本伝統の風景美の中でCALEEを表現しています。
そして、中ページで掲げたサブテーマが"OUR GANG"。和の雰囲気から打って変わり、ブランドルーツのアメリカンカルチャーの部分にクローズアップしています。
自分個人として映画からファッションやカルチャーに興味を持つ事が多々あり、マット・ディロンやトムクルーズのThe Outsidersや、ジョニー・デップのFear and Loathing in Las Vegasのワンシーンを切り取った様な雰囲気がとても心地良く、自分としてのルーツに引き戻してくれます。
まだ情報が中々手に入りづらい時代に、自分達が手探りで掴んだ情報の中から影響を受けたアメリカンカルチャー。そして、日本人として生まれたからこその、日本の伝統やモノ作りに対するリスペクト。そこがうまくクロスオーバーする事で、CALEEというブランドの存在意義、面白さがあるのではないでしょうか。
SUMMERシーズンのアイテムが続々と入荷してきています。是非、手に取って感じ取ってみて下さい。

Masayuki Hayashi / Staff

TITLE : SO VAIN DAMN SO HOT

SO VAIN DAMN SO HOT
ブランド設立時に掲げたサブタイトルになります。
意味は(無駄な事だが格好が良い)。

無意味な事をしているという意味にも捉えられますが、ある種の拘りみたいなものではないでしょうか。本人的に拘っているつもりになっているだけで、それが第三者に伝わらなければ無意味になってしまいますし、独りよがりの拘りほど、ウザくも感じてしまうのではないでしょうか。
服で言う、細かいディテールワークも意味を成さなければ必要なく、ただ、そのディテールの根源や意味、それを伝えることに意義があり、サブタイトルの意味も成してくるのではないでしょうか。
昨今ではSNSの流行により、情報が溢れ、様々な情報を片手で検索出来る時代になっております。ただ、お店としてブランドスタッフとして、洋服のあり方、接客のあり方を再度見つめ直し、こういう時代だからこそ細かい部分まで伝えていかなければいけないのではないでしょうか。
洋服としての価値は、あくまで格好良く着ることではありますが、自分が来ている服の歴史や詳細等、無駄なことではあるかもしれませんが、知ることで服への愛着やスタイルに反映されていくのではと考えており、そういった部分を伝えていくのも現場として大事だと感じております。

SO VAIN DAMN SO HOT
拘りや信念を持ってこれからも邁進していきます。

Naoki Kikuchi / Staff

TITLE : Let’s go to the world!!!

先日、2018年秋冬の展示会を行いました。数多くのバイヤー、プレス関係者、友人達にきて頂き、大盛況で終えることが出来ました。今回はメインのロゴとして、今まで以上に日本を連想させるデザインとして印象に残ったのではないでしょうか。アイテムのテーマとしては前回の"GOOD OLD JAPAN"に比べ和のテイストは少なく、むしろ今回は原点回帰として、90'Sジャパンアメカジをテーマにしたアイテム群が強くなっております。なのになぜ、テーマにここまで日本テイストな物をもってきたかというのは、前年より海外でのシェアを広げる為に、イタリアやデンマークでのファッションブースを出展し、海外のコンシューマーに直に触れた事に端を発しています。和と言うものは、海外の人から見ると日常には無いものだからこそ崇高に捉えるふしがあります。それは、絵画を愛でる感覚に近いかも知れません。ファッションに取り入れるという発想が希薄な分、普段着として取り入れるには若干の抵抗があるようにも見受けられました。ですので、やはりCaleeとしての王道である90'sアメカジで真正面から勝負したいと思いました。その為の技術も、共感してくれた仲間も、ブレーンもおり、戦う武器は揃いました。後は覚悟、その為にテーマを原点回帰に決めました。和を取り入れ構築してきたブランドの矜持はそのままに、海外に勝負を仕掛けるアメカジアイテム群。皆さんも是非楽しみに待っていて下さい。

Hiromasa Takahashi / Press

1