DIARY

TITLE : 正常進化の答え

ここ数年メンズファッションシーンを賑わす夏の風物詩がハワイアンテイストの総柄シャツ。常夏の島ハワイならリゾート地の解放感から浮かれついでに着られるが、湿度の高い日本の夏にハワイアンシャツ特有のレーヨンの質感はお世辞にも相性が良いとは言えない。汗が溜まりやすく、汗を吸った日にはヌルっとした質感に変わってしまう素材だからだ。とは言え、クリーニングしたばかりの、あのサラリとした肌を滑る質感は一度着ると癖になる。手入れの面倒クサさを差し引てもお釣りが来るくらいだ。そうこうする内に、なんだかんだでメリットが勝り今年もまたアロハを新調しようと目論む自分がいる。そんな諸兄も多いことだろう。
ただ、取り回しが便利なら文句もなくパーフェクトなのが正直本音。欲を言えば家で洗濯も出来、シワにもなりにくいなら....。
それを実現したのが、今季のアロハシャツ。タラレバ、ではなくコットン地を採用することで、デフォルトで機能性がもれなく付加されてくる。今ってそんな時代なのだ。あらゆる物が進化する現代で洋服だけが時代遅れ、ってことはありえないんだな。

Naoto Monma / Writer

TITLE : THOUGHT

今シーズンの夏のテーマとしてブランドは『OUR GANG』を打ち出しました。6月も中旬に差し掛かり、これからの時期が夏のテーマや、アイテムを意識しやすくなっているのではないでしょうか。個人的にも先日、今シーズンのアロハシャツを購入したばかりで夏支度を刻々と行っています。今年は、自然とワンサイズ上での着用となっており、オーバーサイズのトップスをクロップド丈のボトムスにタックインする自分なりのスタイリングは確立されつつあります。去年までは、自分自身のスタイリングや、アイテムは決まった物を選びがちとなっており、多様な洋服選びにチャレンジする事がありませんでした。ですが、実際にブランドの人間として洋服に携わるようになり、多種多様なスタイリングの組み方や、普段自分では選択しないであろうアイテムを合わせる事で新たなファッションに対する発見が生まれることを実感しました。同時にブランドや、ファッションの事をさらに好きになりましたし、スタイリングを考えていくだけで楽しくなりました。皆さんにも今一度ファッションや、ブランドを好きになった時の気持ちを思い出して自らのクローゼットの中を覗いて頂きたいです。そうすれば、自然と今の自分に足りないものが何か感じるはずです。もし、イメージ付かなければ一度お店にご来店してみてください。一緒にファッションについて、洋服について語り会いましょう。自分に足りないものは、第三者が一番気づきやすいものです。
自分自身まだまだ経験は浅く、未熟な所ばかりですが、お客様に新たな発見をして頂けるようなご提案を日々心掛けております。インターネットで簡単に洋服を購入できる時代だからこそ、自分たちブランドの人間は、人と人との繋がりを大切にし、これからもブランドを愛して頂いている方々と共にファッションに対する感動と喜びを分かち合っていきたいです。

Koushi Sangawa / Staff

TITLE : WORK

早いもので2018年も6月に入り、あっと言う間に折り返しの月となりました。また、CALEEの2018 SPRING/SUMMER COLLECTIONも後半に差し掛かっており、リリースアイテムの少しずつ少なくなってきましたね。こういった時期になると、月日の経過は年々早く感じるようになり、時間を無駄にしてはいけないなと常々感じております。24時間の中で最低でも8時間は仕事の時間として費やし、生涯で考えるとその時間は相当なものになります。その中で感じることは、 その人生の三分の一をどう有意義に過ごすかという事です。日本における世の中の20代では好きな事を仕事にしている割合は約25%程のようで、やはり少ない割合となっております。逆に好きな事の為に仕事をしているという方は世の中の殆どの方に当てはまるのではないでしょうか。そういった事を考えているうちに気が付いた事は、その両方を持ち合わせた人こそがその仕事、その道のプロなんだという事です。仕事は遊びではなく、生きていく為にはお金が必要でその為に皆仕事をしています。ただ、そういった考え方ではなく楽しい出来事の中でお金を頂けるという生活を送る事が出来ればよりその仕事のパフォーマンスも上がる様に感じます。ありがたい事に 自分は昔から好き洋服に関わり、また好きだったCALEEというブランドで働かせて頂いております。その中でもっともっと皆様に洋服の素晴らしさを伝えていく事、洋服を通じて人生の楽しさを伝える事も使命だと感じております。
また、最も仕事に対して大事な部分は自分自身の揺るがないポリシーが重要だと思います。その気持ちを大切に今後も精進していこうと思います。

Hirotaka Ando / Staff

TITLE : PATTERN of COLOR

関東も梅雨入り間近になってきましたが、この毎年どんよりした季節が終わると本格的な夏が到来します。個人的にはいつも梅雨時期は夏に向けての充電期間の様なものの気がしています。洋服を楽しむ上でも、夏に向け様々な準備が必要だったりします。休日をしっかり過ごす為の時間を作る事、身体を鍛えて作り込む事、どんなスタイリングを楽しむか構想を練ったりと夏を思いっきり楽しむにはそれなりの準備が必要かもしれませんね。個人的には今年パターン物のシャツが気になっているものが多く、スタイリングをどう楽しむか、今から構想を頭の中でじっくり練っています。
CALEEというブランドにおいてパターンアイテムはどれを取っても拘りの詰まったアイテムが多く、それはすべてオリジナルで生地から作り込みを行なっている事が最大の理由です。ブランドとして、また生地の作り手が打ち合わせを何回も重ね、妥協を知らずに作り上げた生地、製作されて上がってきた時にはスタッフ皆の顔を見合わせて目に力が入る事が多いのはその一連の流れから生まれます。シーズンの中でも毎回生地の生産工程を直接出向き、見に行っている所もそこにしっかりと結びついています。そんなパターン物のシャツ、今回はどれを一張羅として着ようか今から構想を練る必要は十二分にありますね。

Kentaro Motoki / Staff

1