DIARY

TITLE : ユメノオワリ ユメノハジマリ

2018年8月21日。平成最後にして第100回を迎えた夏の甲子園が終わりを告げた。この大会にきら星の如く現れた主役が、秋田県立金足農業高校だった。平成最後の怪物と称されたエース吉田投手を大黒柱に、バントやスクイズを多用する試合運び、メンバー全員が地元秋田の選手、公立農業高校、試合後に体をのけ反らせて歌う校歌斉唱。その全てが昭和の匂いがするチームだった。
一回戦から二桁奪三振を記録し、逆転ホームランで勝ち上がったかと思えば、史上初のサヨナラツーランスクイズで劇的な勝利をもぎ取るなど、魅力に溢れたチームだった。秋田から飛び火した金農応援は列島を飲み込み、いつしか旋風となって甲子園を包み込んだ。秋田県民ですらここまでの活躍は予想外であり、決勝に進むなど誰が予想しただろうか。勝ち進むにつれて応援の声は大きくなり、期待が希望になり、それはいつしか願いへと変わる。秋田県のみではなく、東北6県にとっての悲願。深紅の大優勝旗の白河の関越えである。
公立高校、地元選手、103年ぶりの決勝、100回記念大会での悲願達成。全ての要素を持ち合わせて決勝の舞台で待っていたのは、王者大阪桐蔭。私立高校、エリート集団、春夏連覇、と金足農業とは対極の要素を持った高校である。チームとしての総合力は大阪桐蔭が圧倒的に上。しかし、甲子園の魔物とやらも、103年も居座ってりゃ、100回記念大会位は忖度してくれるのではないか?そんな想いすらも甲子園で投じた881球に体が先に悲鳴を上げた。終わってみれば大会前の予想通り、大阪桐蔭の春夏連覇。またしても東北の悲願は、打ち砕かれた。

平成最後の百姓一揆と言われ、県民に夢を与え、全国の公立高校に希望を与え、
東北の悲願を乗せた金足農業高校。

この夏の主役は県民の贔屓を差し引いても、間違いなくこのチームだった。昭和の匂いに誘われた高校野球ファンを飲み込んで、最後に彼等が見せた涙に送られた万雷の拍手が、この甲子園に刻んだ、彼らの物語の終焉を告げていた。

ー夢の終わりは夢の始まりへ。

ありがとう金足農業高校。

甲子園に吹いた一陣の爽やかな風に当てられて、一夏の眩い夢を見させてもらった。

Naoto Monma / Writer

TITLE : COMING SOON

8月に入り、間も無く2018A/Wコレクションの立ち上がりが開始致します。まだまだ残暑が続く気候の中ではありますが、ファッション業界では毎年の事ながらこの時期から長袖モノのアイテムをリリースし始めております。一般的な感覚としては、8月は夏本場という事もあり、暑さも厳しく、半袖ものをメインで着用する為、なかなか秋冬モノのアイテムをイメージはしづらいと思われます。そんな中でも私たちは少しでも多くのお客様にブランドの世界観や、コレクションアイテムの拘りを認知して頂きたいという気持ちから早い立ち上がりを提案し続けております。個人的にも今回のコレクションでは展示会時から携わる事が出来、ブランドの一員としていち早く各アイテムを拝見し、袖を通す事が出来ました。見た瞬間のデザインや、グラフィックで衝撃を受ける事は珍しくはありませんが、実際に着用してみて新たな良さを発見出来るケースもあります。皆様に各アイテムの実物をお見せ出来るのは少しずつではありますが、是非これからの毎週、毎月を楽しみにお待ち下さい。私たち、CALEE CREWが自信を持って一つ一つのアイテムをご紹介致します。
創立当初からブレずにブランドが持ち続けている『JAPAN PRIDE』。それは、毎シーズン新たな企画や、アイテムを打ち出しても変わる事無い永遠のブランドテーマであり、皆様に一番伝えたい事でもあります。2018A/Wコレクションを全てお披露目し終えた時、必ず今までを越えたと思って頂けるようなアイテムを取り揃えています。今シーズンの『CALEE』も是非ご期待下さい。

Koushi Sangawa / Staff

TITLE : LOCAL

8月に入り夏本番といった所ですが、7月からの猛暑が引き続き今年に関しては夏が長く感じられますね。8月はブランドとしても、春夏シーズンから秋冬シーズンの切り替え時期という事で少しですが、ゆっくりと仕事に打ち込める時期となります。学生の方や社会人の方なども夏休みやお盆休みで少し一休みが出来る時期ではないでしょうか。さて、そんな時期に大阪の旗艦店ではリミテッドアイテムとして、Tシャツがリリースされました。大阪のスタッフと親交の深いタトゥーアーティストに協力して頂き、通天閣、くいだおれ人形をプリントして大阪感が満載のアイテムに仕上がっております。
自分も今は東京での勤務となっておりますが、やはり地元の大阪店には思い入れがあり、このような地域性が強く表れたアイテムには嬉しく思います。また、その中でリリースにあたって様々な方の協力で大阪店は支えられているなと一歩離れた距離の今だからこそ強く感じさせられました。自分が大阪店の常連の頃から相談に乗って頂いた回りの先輩。小学校から同じで同じ様なジャンルの世界で活躍する友人。また自分の後に大阪店で勤務して新鮮な空気を取り入れた後輩。その中でやはり一番凄いなと感じさせられるのは、大阪店のショップマネージャーの林だと感じます。
見ず知らずの土地で旗艦店をオープンして、持ち前の明るさで様々な仲間を作り大阪ならではの空気感に対応した結果がこの様なアイテムのリリースに繫がっていると思います。そうやって客観的に考えると、自分も逆の状況でもっと今以上に先輩の様な動きを意識していかなければと感じさせられました。

 
東京にきてから、後少しで2年になります。東京にきたばかりの時の様にもっとアグレッシブに動いて、地元の大阪に戻った時に少しでも誇れる物をこの環境で見つけていければと思います。

Hirotaka Ando / Staff

1