DIARY

TITLE : THE MENTOR

10年以上前、まだCALEEというブランドのHEAD SHOPがなかった頃、渋谷駅の線路の高架下に軒を連ねるSHOPがありました。その店は当時東京都内唯一のCALEE取り扱い店で、ネットやSNSでの露出がまだそこまで普及しておらず、雑誌による打ち出しが世の中のファッションというジャンルでも中核を担っていた頃、いろいろな情報を頼りに、鉄製の遣れた感じが趣のある重い扉を恐る恐る開けた事を今でも覚えています。その頃僕はまだ20歳でした。
そのSHOPで当時ショップマネージャーをしていた僕の今の直属の上司にあたるHAYASHIとその頃に出会い、もう15年近くが経っています。そんな店で客と店員という立場で知り合い、昔から、洋服の話勿論、酒の飲み方、遊び方などいろいろな事を教えてもらい、そんな先輩は僕もずっと昔から好きだったCALEEに入社していきました。その後、いろいろな事があり、僕もCALEEの一員となり、6年近くが経ちました。HAYASHIに入社する前、そして入社してからも教えてもらって来た事、仕事に対する考え方、またお客様に対する考え、現場の人間として何が出来るのか、現場の人間としてのあり方など、特に現場の人間としての考え方やあり方は特に影響を受けた部分だと思います。中々仕事の人間関係でも10年以上、繋がりのある人間は皆さんも限られてくると思います。
そんな仕事に対する考え方をいろいろ一から十まで口すっぱく教えてくれた、上司が年末から大阪のショップマネージャーから東京の本社に戻り、プレスとして仕事を行っています。もう東京に戻り2ヶ月近くは経っていますが、自分の中でも隣のデスクに座っていると何か刺激される部分があります。ブランドとしてまた一人の人間として何か面白い事が出来るよう、自分ももっと刺激を与えられる人間にならないといけないなと感じた一幕でした。あまり個人的に表には感情を表現しない人柄だけに、たまにはこういった漢臭いDIARYも書いみようかと思い、デスクに向き合っています。今後も自分の中で刺激を楽しみながら切磋琢磨していきたいものです。

Kentaro Motoki / Staff

TITLE : PHOTO SHOOT

東京に戻って来てからあっという間に2ヶ月が経ちました。約4年半の大阪での生活を経験した事で、以前東京に居た頃とはまた違った目線で、生活を送る事が出来ています。

大きな仕事での変化と言いますと、プレス業務を始めとするブランド本体の動きに多く関わっているという事です。今ままでも営業などの業務も行なっていましたが、より一層クリエイティブな部分に入り込み、様々な分野のプロフェッショナルな方々と、共に仕事をする機会が増えています。自分とはまた違った解釈、考え方、見方がそこには多く存在し、自分の振り幅を増大させて頂く、そんな瞬間に立ち会う事が出来るのが魅力ではないでしょうか。
2019 S/S COLLECTIONのブランドブックの撮影風景の一コマ。
ブランドブックという一つの媒体を製作するにあたって、ブランド側の人間のみならず、スタイリスト、カメラマン、モデルなどの外部の方々が、CALEEと言うブランドを表現する為に、それぞれのイメージを形にする作業は、何とも言えない高揚感が生まれます。
それらを経験を自分自身でどれだけインプットし、アウトプット出来るか。
まだまだこれから。
自分の感覚を研ぎすませていければと思っています。

とりあえず、もうじき素晴らしいブランドブックがお目に掛かれます。
もうしばしお待ちを。

Masayuki Hayashi / Staff

TITLE : What I could not do in the past

2月も中旬に差しかかり、時折春の陽気を感じられる日もあるなど、本格的な春が待ち遠しくなりますね。普段、バイク通勤で、厳しい冬もバイクで通っている事もあり、気温や天気には非常に敏感となっており、個人的にも早く春になってバイクの気持ちの良い時期になって欲しいと感じる今日、この頃です。
また、個人的に楽しみにしているのが、大阪店で働いていた林がバイクも購入し、東京に戻って来た事で、一緒にバイクを走らせる事が出来る様になりました。一緒に働いていた同僚がバイクを購入した事で過去には出来なかった事も出来る様になった事が嬉しい限りです。3月や4月にはバイクの気持ち良い時期になると思います。その頃を思い浮かべ、寒い時期を乗り切ろうと思います。

Naoki Kikuchi / Staff

TITLE : 節分

昨日は節分。鬼は外、福は内、魔目(豆)を鬼の目に投げ、魔滅して邪気を追い払い、今年一年の無病息災を願う。今年はスタッフの中でも年男が二人も。

年男がいっぱい豆を投げ、皆様と共に、今年一年健康で良い年になりますように。

Hiromasa Takahashi / Press