Naoto Monma / Writer

" />
DIARY

TITLE : 百聞は一見に如かず

先日、CALEEの仲間から今シーズンの真新しいカタログが届きました。今は直接関わってはいないので、手に取った時の気持ちというのは皆さんと同じ気持ちだったかと思います。
まず目を惹いたのは表紙のシンプルさ。白表紙という春らしい爽やかな印象を受ける表紙でした。
ページをめくる楽しみを持って中を見ていくと、シーズンコレクションと連動させた厳かな雰囲気のスタイリングページに目を奪われ、自分だったらこのスタイリングにこんなアイテムを合わせるのも悪くないんんじゃないかなんて考えながら見ていくのもまた楽しいものです。アイテムページにさしかかると、今シーズンのCALEEがブランドとして目指したスタイルや、矜持、メッセージというのが伝わってくるのではないでしょうか。こうきたかと思わせられるアイテムや、手の込んだオリジナル生地を作ってきたなと思わされる物、これは押さえておきたいなと思わさる物など、様々な思いが頭の中を駆け巡るページでした。

ブランドカタログというのは、個人的には諸刃の剣にも似た物だと常々思っています。そのシーズンの全てのアイテムが網羅されたカタログは、手に取ったコンシューマーがそのシーズンのブランドをその時点で評価を下してしまう。アイテムも自ずと取捨選択する方も多いのではないでしょうか。一つ間違えれば、ブランドにとって致命的とも言える物になりうる可能性を秘めているのがカタログであり、新たにCALEEというブランドを知る上で欠かせない物もまたカタログであると思っています。ただ一つだけ確実に言える事は、カタログで見るアイテムよりもリリースされた実物は、写真を凌駕すると言うことです。ですので、カタログを見て判断するのではなく実物で判断してもらいたいと思うと共に、実店舗に足を運んで実際に袖を通すことで分かることも多分にあると思います。これから続々と春夏アイテムがリリースされます。是非、実物をその目で見て評価していただきたいと願っています。

Naoto Monma / Writer

TITLE : MEDIA

本日よりCALEE 2019SPRING / SUMMER COLLECTION のブランドブックがSTEWARD LANE並びに全国の各ディーラー様で配布開始となりました。今回も非常に素晴らしい仕上がりのブランドブックとなり、是非皆様には手に取ってご覧頂きたい一冊になっております。既に拝見された方は気づかれている方も多いかもしれませんが、今回のスタイルブックは、主に二つのシーンに分かれてカタログ構成されています。
一つ目のシーンは、見開き一ページ目からモデルが着用しているスタイリングをワンカット、ワンカット様々な描写で表現されています。CALEEがブランド立ち上げ当初から原点として主に置いていた渋カジスタイルや、近年、雑誌媒体として特集されている西海岸を匂わすクラシックなストリートスタイル、以前からアメカジテイストの中に和の色を絶妙に加えてオリジナルのジャパニーズアメカジスタイル。これらのスタイリングカットをカタログという媒体でしか表現する事の出来ないカラーリングや、陰影を用いてCALEEらしいオリジナリティ溢れたシーンとなっています。
二つ目のシーンとしては、海外のライフスタイルをよりリアリティを感じて頂ける描写が施されています。日常の生活の中でも気取りすぎず、自然に洋服を、お洒落を嗜んでいるようなそんな感情表現が、モデル側、
撮影者側双方が想いながら、撮影に挑んだ事と思います。今回のようなシーンに描かれているライフスタイルや、スタイリングのレイヤード感は自分自身もそうですが、皆様も強い憧れと、好奇心を抱く事は間違いないでしょう。
本日配布スタートという事でまだご覧になられていない方が殆どかと思います。
是非、CALEEの今シーズンの想いが詰まった一冊をご覧頂ければ嬉しい限りです。

Koushi Sangawa / Staff

TITLE : 仲間

本日から3月。いつも季節の変わり目にこのBLOGを書く事が多いのですが、季節の移り変わりの時期は色々と今までの事を振り返る事が個人的に多いです。つい最近、東京から地元の大阪に戻ったという感覚でしたが、思い返せば3ヶ月も経過しており時の早さにはいつも驚かされます。
東京では、先輩方に囲まれて日々を過ごしておりましたが、こちらに来てからは自分が店長として店頭に立たせて頂いております。今までは一番下っ端でしたが、大阪では後輩との勤務となり今までよりも一層責任感も強くなってきました。身近な同僚としては、後輩だけという事もあり常に話し合い仕事だけではなく、普段から付き合い、友人のような関係性を築いており、そういった立場になって改めて仕事だけではない人間関係の大事さにも気付かされました。時には厳しくする事もありますが、大阪を盛り上げる仲間として本音で話合い常により良い雰囲気作りを意識して日々を過ごしております。3ヶ月間で色々な仲間も出来始めて、近隣の先輩、後輩なども店頭に遊びにきてくれる頻度も増えてきました。東京ではブランド同士の付き合いが多く、中々こういった動きは難しいのですが、大阪ならではの動きとして今後も皆様に大阪から何かを発信していければと感じております。
まだまだ、東京のスタッフには及ばない部分もありますが、大阪店は若手2人で次世代を作り上げていきたいと思います。

Hirotaka Ando / Staff