DIARY

TITLE : 温故知新

温故知新。
勉強が苦手な自分でも知っている四字熟語です。学生の頃から知っていた言葉でしたが、すぐに自分の人生に当てはめたわけではなく、少しづつ自分の中には入ってきた言葉でした。
特に、昔から存在するものからインスパイアーされ新しいものを生み出す様な、今就いている仕事をしているからこそ、この言葉がとても重く感じます。
また、自分も歳を重ね、自分と比べると、一回り以上も年齢が離れているお客様と接していると、新しきを知るといった事に関しては、かなり敏感な方も多いのですが、古きを温ねるといった癖がないというか、その行為自体をしないような方が多いような気がします。勿論それはダメな事ではないですし、実際新しいものは進化しているものなので、最先端のものを知っていれば良いですし、わざわざ古いものを調べたりする時間は必要ではないとする考えも分かります。
まぁ単刀直入に言いますと、面白いか面白くないかという事で、あとはどこまで好きになるかという事だと思っています。人間関係と同じで、表面上だけしか知らないと、何か引っかかって面白くないし、心から相手を好きになれないと思います。相手を探り深く知っていく事によって、その人の本当の面白さだったり人柄が分かり、本当の意味で信頼出来る人になっていくと思うのです。
CALEEでリリースしているアイテムも、何かコアな部分が隠されています。ベースになっているモデルだったり、シルエット。更にもっと深く突き詰めれば、製作した経緯だったり、製作に携わった人々など、アイテムの見た目からだけでは分からない根っこの部分です。
別に気にならないと言われたらそれまでですが、自分らが皆さまに提供している洋服は、それらも含めて一つのアイテムなのです。

Masayuki Hayashi / Staff