DIARY

TITLE : DIARY

秋冬のコレクションの展示会から一ヶ月半程経ち、今週海外出張に向かいカタログ撮影にてアメリカ、LAに行っていました。カタログ撮影の内容に関しては、勿論満足の行く形で終わる事が出来たのですが、それ以外に自分の中で今回海外撮影に同行できた事は、これからのマインドや経験としてかなり大きいと感じた一幕でした。そんな気持ちをすぐに綴りたくなり、日本に帰る飛行機の中、パソコンを取り出し、何か今純粋に感じている気持ちを書い止めたいと思い、機内の中でパソコンを開いています。
まず、一番の財産として感じたのは、直営店の店頭にも経つ人間として、今回のカタログの世界観、そしてサクセスストーリーを自分の肌、耳、目で感じる事が出来たという経験だと感じました。そういった事を自分がお客様に直接伝える事が出来る事が今回何よりも大きな財産になったと思います。また今回に関しては、アメリカ、LAの撮影だけに留まらず、初めて海外撮影で国境を越え、メキシコまで出向き、ロケーションにも今まで以上に拘り抜いたストーリーになっています。海外撮影のシビアさも感じた部分ではありますが、そこが予想を越えて上手くフィックスした事、そんな部分がさらに飛躍した良さを生んでくれたと思います。また、LAの空気感を直接肌で感じ、今何に人々が興味を示し、トレンド感があるのか、そんな部分も直接感じる事が出来た良い一幕です。
今回は本当に自分に取って、また人生に取っても非常に内容の濃い一週間だったと思います。ダイアリーという形で自分が感じたリアルな世界観、そんな気持ちのすべてを表現したくなったそんな帰路でした。
今回の撮影の内容を披露できるのは、まだまだ先にはなりますが、カタログがリリースされた時にそんなエピソードや気持ちを含め、お客様に今回の世界観を伝える事が出来るのが今から非常に楽しみで仕方ありません。

Kentaro  Motoki /Staff