DIARY

TITLE : KAWASAKI BIKE

バイクに乗っていても、纏わりつく風が生温い時期になりましたね。ライフタイムギアとしてバイクに跨っているのでこの時期は風が気持ちいいというより、纏わりつくという表現が良く合います。バイクと言うのは一つ乗ってその良さが分かったらまた違うバイクに乗ってみたくなるもので、あれよこれよと目移りしてしまうのもまた事実。何だか腕時計と似ているなと思ったりもしてしまいます。その中でもつい最近自分の元にやって来たKWASAKI KZ900がお気に入りの一台となっております。ブランドとしてもMADE IN JAPANに強く拘って10数年。本物のMADE IN JAPANを作り出す職人の方々や、MADE IN JAPANに誇りを持った方々と関わる内に、MADE IN JAPANのバイクに乗りたいと思いじっくりと探していた所、先輩から譲っていただける話が舞い込み今に至りました。もし、国産車に乗るのであればKAWASAKIと決めていた部分もあり、譲っていただけるバイクがKZ900と言う事で二つ返事で購入を決めました。
76年代のKZ900Aまたは900SUPERFOR,Z-1B,Z900とも呼ばれ、エンジン周りはブラックアウトし、外装塗装。ブレーキはフロントZ1-Rのデュアルディスク、リヤがZ1-Rのシングルディスク(通称トリプルディスク)、リヤサスにはオーリンズ(車体が重いのには良いのでは)純正ハンドルをカット、テールランプ、ヘッドライトは純正、前のウィンカーがヨーロピアンウィンカー、リヤウィンカーはJMCの角ウィンカー、キャブは純正のファンネル。マフラーがオリジナルのカチアゲマフラー、シートは張り替え済み。高回転までスムーズに回るエンジンとなります。
MADE IN JAPANを身にまとい、
MADE IN JAPANに跨る。
それは自分にとって贅沢な時間。そんな時間を共有できる相棒に跨れば、体に纏わりつく生温い風だって心地いいものです。

Hiromasa Takahashi / Press