DIARY

TITLE : ROOTS

ちょうど先週の話になるのですが、これまで東北に行く機会も人生で殆どなく、また先輩の故郷を見てみたいという興味もあり、PRESSの高橋の故郷である秋田県の実家にお邪魔させて頂きました。秋田まで道のりは先輩のバイクに乗せて頂き、途中休憩も挟みながら東京から8時間ほどで到着という流れでした。所要時間をみるとすごく長い旅路の様に感じるかと思いますが、実際には疲れはありましたが、思っていたよりはそこまで大変な印象はありませんでした。といってもまだ自分はバイクの免許を所得していないので後ろに乗せて頂いていただけなのですが、やはり自動車とは違い、天候の影響を受けるのですが、それはそれで旅の思い出となったような気がします。その中で自分も免許を取って一緒にツーリングをしながらいければもっと楽しく、バイカーならではの会話やもっと思い出の残ったのだろうなと感じました。この旅をきっかけに自分もバイクに乗ってみたくなり、また自分自身の運転で地元の大阪に帰るというのも今後楽しみになったので近いうちに免許を取ろうという気持ちがより一層強くなったきっかけとなりました。
先輩の実家に到着して、まず始めに趣のある日本家屋に驚かされました。座敷には囲炉裏もあり、まさに誰もが想像する日本の家屋といったイメージでした。そこで思ったのはやはり、こういった環境での生活も日本らしさを考えるCALEEのスタイルに繋がっているのかと感じました。

また普段の仕事の現場とはまた違ったらリラックスした場所では何気ない話も気軽に出来、とても充実した旅となりました。人それぞれ色々なルーツがあり、新しい提案が生まれてくるのかと改めて感じ、またそういった個性が自分の色となりブランドとしてもより一層の幅を出せるのかと思いました。今回の旅は、バイクでの長旅や先輩のルーツを探れたりと自分自身の経験値を上げてくれたとても大事な出来事だと思い、こういった環境で仕事をさせて頂いている事を嬉しく思い改めて今後を担うスタッフとして頑張っていこうと強く思いました。

Hirotaka Ando / Staff