DIARY

TITLE : Same directionality

昨日までのCALEE展示会3日間を通して、まずは無事に終えることが出来、ホッとした心境が先にきます。ただ、展示会で、様々なディーラーさんとお話をさせて頂き、現状の状況やブランドとしての在り方、様々な視点でディスカッションすることが出来、内容も濃い展示会になったと思います。その中でも特に感じたのが、やはり地方ショップとブランドサイドの連携が大事なんだと改めて感じることが出来ました。
世の中的には不景気の煽りを受け、ファストファッションに移行する方も多い現状があり、オリジナルでアイテムを作る意味やブランドとしての提案がどこまで消費者に伝えて行けるかが大事になってくるのではないでしょうか。オリジナルの良さ、付加価値等、ブランドサイドが伝えたいことを地方のお客様にも伝えていくことが大事なポイントにもなっていくように思います。その中でもお互いが同じ方向を向き、力を合わせていくことが、より重要になってくると改めて感じた展示会でもありました。密なコミケーションによる状況確認、展示会時だけではなく、出張に出向き顔を突き合わせて話すことで連携もより強固なものになっていくのではないでしょうか。同じ方向性で目指す所をお互いに定めることで、思い描いた方向へ向かうことが出来るのではないかなと個人的には思っています。CALEEのスタッフとして東京だけではなく様々な場所に出向き、地方も活性化出来るように頑張っていこうと思える展示会でした。

Naoki Kikuchi / Staff