DIARY

TITLE : 2018年に向けて

つい先月2018 S.S COLLECTIONの展示会が終わったと思ったら、息つく間もなくBRAND BOOKの撮影がスタートしました。今季コレクションラインナップには「和」を想起させるアイテムを多くラインナップに含め、より日本の物作りを突き詰めたアイテム群となっております。このジャパンシリーズは藍染は勿論、枷染で染め上げた生地やデニムパッチワークに刺子を使った物、柿渋染等々日本の伝統的な加工技術を用いて作製したものがメインとなっております。その中でこの日本由来で作製したマテリアルをどのディテールで落とし込むか。ブランドとしては変に凝ったギミックではなく、シンプルにそれこそ91-Bやカバーオールと言ったアメカジの王道とも呼べるアイテムに落とし込みたいと思いました。その狙いは「和とアメカジの融合」それを色濃く反映させるには、武骨で精悍なアイテムにこそ落とし込みたいと思いました。
ジャパンシリーズを持って挑んだBRAND BOOKの撮影は、都内にある日本庭園や恩賜庭園と言った風景でも和を想起出来る場所での撮影となりました。手入れが行き届いた日本庭園の中に、違和感無くかと言って存在感が無いかと問われれば否。日本の伝統とアメカジがクロスオーバーして産み出される唯一無二であるということをしっかりと感じ取れる撮影となりました。「和」を用いて「華」とし、「アメカジ」を取り入れ「武」とする。今季ラインナップのジャパンシリーズは華美でありながら武骨という言葉が似合うアイテムとなっているのではないでしょうか。

これからまだまだ撮影ラッシュとなりそうです。
コレクションラインナップもそうですが、BRAND BOOKも是非楽しみに待っていて下さい。

Hiromasa Takahashi / Press