DIARY

TITLE : 大阪の地で…

街にイルミネーションが灯り始め、クリスマスを意識する時期に突入しました。個人的にこういった時期になると、クリスマスというよりも年末を意識します。一年の最後の月なので、身が引き締まる思いです。
直営店の2号店として大阪にSTEWARDS LANE OSAKAがオープンし、早いもので3年半の年月が経とうとしています。それと同時に、自分がCALEEに入社してのキャリアの半分の歳月を、大阪で過ごしている事になります。ここ最近では月に一度東京出張などもある為、大阪という土地柄に馴染んでいるようで馴染み切れていないのではと、ふと思う事がありました。ただそういった考えを払拭したのが、大阪で出会った仲間の存在でした。彼らとは大阪で知り合い、大阪の同じ空気を吸ってきた仲間です。そんな仲間達に支えられて今がある事を考えると、感謝の気持ちで溢れます。その反面、自分は彼らに何をお返しが出来るのだろうと、ここ最近強く考えるようになりました。
大阪を拠点に生活しながらも、東京を行き来している自分にしかない感覚。それを周りの仲間にも伝える事が一番良いのかなと。そう刺激しあう事で、自分の存在意義があるのではと感じます。

2018年は大阪でどんどん面白い事を発信していこうと思っています。そんな企画を、仲間を含めた大阪の人達だけではなく、大阪以外に住んでいる人にも楽しんで頂きたいと思っています。お楽しみに。

Masayuki Hayashi / Staff