DIARY

TITLE : 地元を離れて

前回のstaffのBLOGを読んでいてふと思ったのが、自分自身もCALEEに入社してのキャリアの半分を東京で過ごしている事になるという事です。ここ最近は大阪のSTAFFと入れ替えを行っている事もあり、大阪に帰る機会も多いのですが、東京で働きだした頃はその1〜2ヶ月に一度の大阪勤務が楽しみで地元の空気感が東京での勤務のリフレッシュとなっていました。しかしいつからか東京での知り合いも徐々に多くなって、様々なジャンルで活躍している方々にも出会う様になり、そういった方々とお話をさせて頂くうちにこれまでの自分の視野や考え方が以前よりも広くなり、大阪では触れる事のなかった刺激を感じました。
地元にいた時には大阪といえばある程度の都市であり、東京の次の都市というイメージでそこまで大きな差はないだろうと感じていましたが、やはり様々な部分での差は感じます。洋服にしての感度にしてもやはり東京の方がスピード感があり、様々な層の方がCALEEの洋服を着用してくれています。僕自身こういった視野を持てる様になったからこそ、大阪の方々にも東京の流れを伝えていき、逆に地元の大阪からの動きももっとアピールして行ければなと改めて考えさせられております。
2018年はより一層大阪からの発信も多くなってくるかと思いますので、是非皆様には期待して頂ければと思います。
また自分自身、2018年もブランドの流れが一番感じられるこの場所で精一杯仕事に取り組んで更に躍進していきたいと思います。まだ、いつ大阪に戻るかは未定ですがそれまでにはもっともっとこの場所で頑張って大きくなって地元皆様を驚かせて皆様に様々な事を伝えられる様にと感じております。

Hirotaka Ando / staff