DIARY

TITLE : 2018年に向けて

昨日にて事務所は仕事納めとなりました。今年一年を振り返ってみると、昨年よりもさらに時間が経つのが早かったように感じます。ブランドとして春夏は"REAL JAPANESE WEARS BY CRAFTSMAN”をテーマにより職人との繋がりの見えるアイテムラインナップ、それに伴い、ブランドブックや各媒体では”JAPAN BLUE”のカラーリング統一した撮影を多く行いました。様々な反響も多く、海外での取引をする足掛かりとなったシーズンでした。秋冬のテーマには”ROOTS REVIVAL”と掲げ、ブランド設立13年の秋冬に迎えることで、今一度原点にたち返り、物作りや世界観を見直すことにしました。近年、日本の人々が洋服へのプライオリティーが低くなりつつあるのが現状で、それに対し、商売になり過ぎているブランドが多く見受けられ、自分達としては立ち上げ当初の頃に思っていた洋服が本来持つ楽しさや、手にした時の喜び、生活に根付いた物作りを意識しました。海外での撮影も初のメキシコ撮影を行い、いつもの様に根を詰め悩み尽くすのではなく、あくまで楽しむことを意識し、充実した撮影になったこともとても印象強く残っております。自分としてもワークアウトやバイクでのツーリングにのめり込むきっかけとなった様な気がします。
2017年は"踏み出した年"ブランドの展示会サイクルを新たにし、臨界点から一歩踏み出した年だったと思います。
そして2018年は"極める年"踏み出した一歩を極める為に今行っていることを今以上に突き詰めていきたいと思っております。
今年一年皆様におかれましてはご愛顧いただきまして本当にありがとう御座いました。2018年が皆様にとっても良い年になっていただければと、少しばかりの気持ちですがスタッフ一同願っております。2018年も何卒宜しくお願い致します。

Hiromasa Takahashi / Press