DIARY

TITLE : The man who has no imagination has no wings

2018 S.S COLECTIONが満を持してスタートしました。
前シーズンから引き続き「和」と「アメカジ」の融合をテーマに掲げ日本人としては元より、CALEEとして培ってきたものの矜持を持ってスタートしたシーズンとなりました。「和」この言葉から連想するものはなんでしょうか?人によっては着物だったり、刺繍だったり、柄だった、り染だったりするかもしれません。では、産まれ落ちてから今まで「和」というものにどれだけ触れてきましたか?という質問に対して明確に回答できる人は少ないのではないでしょうか。明確に回答できない理由は至ってシンプルで、日本人であるからだと思います。「和」というものが日常に混在し、当たり前の風景の中に溶け込んでいるからこそ、明確に回答できない。要は、触れていて当たり前ということです。
そして「アメカジ」はどうでしょうか。CALEEのブランドベクトルに共感していただける皆様であれば「アメカジ」もまた日常でしょう。
当たり前にある日常と意識して取り込む日常。足し算ではなく掛け算で作り上げた
CALEE 2018 S.S COLECTION。無意識で日常で触れえてるものを具現化するという難題に取り組み、世界の人々にも触れてほしいと願い、幾重にも折り重なったブランドの思いが詰まったコレクションです。

Good Old Japan

清々しいくらいに真っ直ぐなメインタイトルではないか。

Naoto Monma / Writer