DIARY

TITLE : roots

先週は満開だった桜もすっかりと新緑が芽吹き、明るい緑色が目立ってきましたね。事務所でも再来週には秋冬シーズンの展示会も控えており、少しづつ慌ただしさが増してきた日常となっております。展示会前という時期はいつもとは違う独特な空気が流れ、いい緊張感をもって仕事に取り組めます。これから展示会までは忙しい日々が続きそうですが、是非皆様に喜んで頂けるよう無事に乗り越えていければと感じております。その中で今季は皆様もご存知のように「Good Old Japan」をシーズンのメインタイトルとしてアイテムのリリースを行っております。先日はデニム地で作製された半被を日本では古くから使用されている技法の柿渋染めで染め上げたアイテムがリリースされました。
個人的にはこのアイテムにはなにか惹かれるものがあり、リリースを待ち望んでいた一着となります。法被は、日本の伝統衣装として古くから着用されておりますが、皆様にはあまり馴染みがないアイテムではないでしょうか。また、ファッションとして法被を着用するのはここ最近の洋服の流れのような気がします。個人的には生まれ育った地元で古くから行われている祭りがあり、その祭の際に物心つく前から法被を着用していました。ただ、年に一度の特別な日にしか着用する事のない衣装という印象を強く感じ、法被という衣装には何か言葉には表現できないカッコよさを感じていたものです。
時は流れ、祭の衣装ではなく、ファッションの一部としてのまた当時とは違った特別な感覚を覚え、やはり日本人として昔から特別な衣装としてもイメージがあり、このアイテムには親近感を感じさせられます。

地元の伝統衣装としてではなく、ファッションアイテムとして着用出来る事を誇らしく思い。また日本人、日本らしさという部分を改めて考えさせられたアイテムです。

Hirotaka Ando / staff