DIARY

TITLE : 現場から現場へ

先日生産チームに同行し、CALEE 19SS COLLECTIONの打ち合わせで、日本が誇る生地の生産地、広島県福山市へ。普段自分がいるのは、ブランドが作ったモノをお客様へと直接伝える”現場”。そんな自分が、いわゆるそのモノを製作する”現場”へと行かせてもらったわけですので、実に感慨深いものがありました。
道中リラックスムードにも関わらず、打ち合わせを始めた途端、それぞれのプロフェッショナルがフルスロットル。生産チームの"現場”を見ました。日本に一台、否世界に一台しかない機械にて、世界に一つしか無い生地を作るわけですから皆が気合いが入らない訳がありません。
その”現場”でそこでしか感じられない熱量を自分が持ち帰り、次は”現場”で皆さんに伝えたいと思っています。
18AW COLLECTIONのアイテムも続々とデリバリーされています。これらのアイテムも同じく、プロフェッショナル同士のプライドのぶつかり合いによって生まれた商品。
皆さんが手に取り、袖を通した時の表情を見るのが楽しみです。

Masayuki Hayashi / Staff