DIARY

TITLE : belief

朝晩が冷え込み、徐々に秋の気配を感じる気候になりましたね。CALEEからも続々と秋物がリリースされており、店頭でご覧になられている方も多いのではないでしょうか。また、先週末には 2018 Autumn Winter Collectionのカタログも配布開始となり、これから入荷してくるアイテムへの興味をより一層駆り立てているかと思います。
個人的にカタログはブランドの想いを一番わかりやすく感じて頂けるツールだと感じており、洋服の魅せ方、今季のテーマなどが詰まった一冊となっております。自分も撮影に参加させて頂いており、毎度の事ながらスタイリスト、ヘアメイク、カメラマンなど関わって下さる皆様のCALEEに対する想いなどを現場では感じる事が出来、またそういった想いが込められているからこそ毎回の事ながら過去最高の仕上がりだと感じてしまう事でしょう。この感覚は中々皆様には伝わり辛いかとは思いますが、こういった部分を店頭に立つ自分としてはもっと今以上に伝えていかなければと感じております。これまでのカタログなどを見返して頂くとわかると思いますが、ブランド創設から14年という年月が経ち、歩みを止めることなく常に変わり続けている進化を感じて頂けるかと思います。ただ、変わり続ける中でブランドとしての軸はブレる事はありません。そういった軸があるからこそ長く皆様がブランドを愛して下さっている事だと自分自身は感じております。ブランド設立時には小学生だった自分と同じ様に今の若い方が大人になった時に同じ様な感覚、気持ちを持って貰える様にブランドの想いは常に発信していきたいと思います。

Hirotaka Ando / Staff