DIARY

TITLE : これからの…

11月も後半に差し掛かって寒さも徐々に厳しくなり、年の瀬を感じる時期になってきましたね。店頭にも続々とヘビーアウターが入荷してきており、アイテムのラインナップでも冬の訪れを感じる事が出来るのではないでしょうか。
そんな年の瀬に私事となるのですが、2年間勤務した東京を離れて再度、大阪で勤務する事となりました。CALEEに憧れ、元々は大阪の旗艦店の常連だった自分が、いつの間にかスタッフとして働く事となり、またそこから1年で東京の本社や店頭で働く事になるなど、この3年間は人生の中でも非常に内容が濃い時間だったと思います。大阪で働き出した時も、東京に来た時も全く役に立たない状態で先輩方に迷惑を掛ける事も多々あったかと思います。ただ、そう言った状況でも親身に教えて下さった先輩方がいた事でなんとか今もこの会社で仕事を続けているのかと感じております。また、CALEEをきっかけに知り合った会社外の先輩方にも東京では公私ともにお世話になり、自分の東京生活の中での楽しみを教えて頂けたと思います。ただ、これも自分一人の力で有意義気過ごせたわけではなく、CALEEに関わる皆様のお陰という事を今改めて感じさせられました。そういった仲間の力というモノを今後、強く感じる機会も多くなってくると思います。
大阪に戻り、旗艦店の店長として今後は自分自身の責任が今よりももっと大きくなると思います。ただ、そこで東京のオフィスで学んだ事、店舗運営の仕方などを自分なりに取り入れて、また先輩方にも相談してまたレベルアップしていきたいと思っております。

Hirotaka Ando / Staff