DIARY

TITLE : BRAND BOOK Vol.24

いよいよ東京も肌寒くなり、本格的に冬のシーズンに差し掛かろうとしております。秋冬コレクションのBRAND BOOKも無事完成し、全国のDEALERSより配布されております。皆様はご覧になられたでしょうか?毎シーズンリリースされるBRAND BOOKですが、弊社ではシーズンコレクションが年に3回行われ、実質4ヶ月分のアイテムコレクションとなり、そのアイテムサンプルを作製し、展示会を行い、そして今回の様なBRAND BOOKを作製という流れになります。作製に掛ける時間には企画思案の時間を抜き、打合せから始めて2ヶ月間の間にて作製致します。ご覧なられた方はご存知だと思いますが、4種類の特集に加え、全商品を掲載しており、シーズンの世界観が十二分に詰まったBRAND BOOKとなります。今では、ブランドから配布されるカタログなしでは洋服を購入出来ない方も多いのではないでしょうか。BRAND BOOKの作製において弊社スタッフ、自分含めた3人にプラス、フォトグラファー、スタイリスト、エディター、デザイナー等外部の方々を含めた、数多くの方々の協力により作製されております。
特にその中でも大変なのが、モデルを使った特集になります。雑誌媒体も含め、カタログ等のメインを飾るのがブランド特集となり、反響や注目されるメイン部分となります。打合せにてブランド世界観を確認し、方向性を決め、モデルのアポ、オーディションから、シュチュエーション決め、スタイリングと様々なことを一つ一つ行っていきます。そして本番の撮影を迎えます。また、そこで終わりではなく、そこから写真をセレクト、構成を決め、レイアウトデザインを作製していきます。また、この撮影後の作業にて出来上がりの完成度が大幅に左右されることもあります。また、それが海外ともなると国内ではモデルと意思の疎通も取れやすいのですが、海外の現地モデルとなるとそうはいかずこちらが撮りたいシュチュエーションを伝えるだけでも四苦八苦する場面もあります。他にも様々な予期せぬことやトラブルが増えることもあり、納得のいく1カットを撮るのに半日近くかかることもあります。特に今回では、気づいた方もいると思いますが、巻頭特集ではシンプルに写真を一枚一枚掲載するのではなく、何枚もの写真を組み合わ せ一つのデザインとして1ページを構築したり、ブランドの世界観に合った素材を集め、写真と組み合わせたページ等、今までにはない新たな特集となっており ます。中特集では日本国内に滞在する外国人モデル達を選りすぐり、バラエティーに富んだ外人モデルを採用し、巻頭特集とはうって変わったモデルを活 かしたシンプルなポートレイト特集となります。巻頭と中特集の180度違った特集を楽しんで頂けたのではないでしょうか。
また、それ以外にも深く繋がりの ある友人達による特集や、メインアイテムを深く知ってもらう為のフィーチャーページが全6ページと以前にも増し、ブランドの世界観を深く知ることがで きるのではないでしょうか。今回も、仲間達で作った渾身のBRAND BOOKを見てみて下さい。

Hiromasa Takahashi / Press