Diary

TITLE : FOR YOU

もう早い物で、後2週間程で2016年も終わりを迎えようとしています。早過ぎると感じる部分もありますが、それだけ充実したライフワークを送っているのだと実感させられる部分でもあります。来週末に控えた、クリスマスを迎えると一年の行事という行事はすべて終わるのでないでしょうか。街中もイルミネーションで賑わいを見せ、夜にしか見る事の出来ない煌びやかさも感じられます。自分は当日は仕事の都合を早めに付け、友人と軽く盛り上がろうと思っていますが、いろいろな過ごし方する方がいると思います。友人同士で盛り上がったり、また一番大事な家族や恋人と一緒に時間を過ごす方、また会社関係で上司や同僚と普段の仕事などのストレスを発散する方、様々だと思います。
人それぞれ、いろんな所で多種多様に過ごす方が多く、いろいろな所で様々な時間が動きますが、プレゼントを渡したり渡されたりと言うのはいつになっても子供から大人まで変わらない風習なのではないでしょうか。
いつも店頭の方に立っていると、この時期そんな事を考えてしまいます。店頭の方でもクリスマスに友人、または大事な方にプレゼントを選びにくる方は多くいらっしゃいます。勿論、そんなお客様がいらっしゃった場合には最善のサポートをさせて頂くのですが、クリスマス当日はそういったプレゼントをもらい、渡され、いろいろな所で笑顔が生まれているのかと思うと、何だか自分の中でも何だ和やか気持ちになれます。
自分に置き換えてみても、同じ事でそんな和やか気持ちになれるのは、販売という仕事を通してなのだと実感しました。プレゼントをもらう側も渡す側も様々な思いがあり、それも自分も担い手の一部になっていると思うと、少し嬉しい気持ちと誇らしげな気持ちが入り混じって来ます。

最高のプレゼントをあなたに…。

そんな一時を店頭でも提供できればと思っています。自分もそんな気持ちで大切な人に渡すプレゼントを今年は探してみようと思います。

Kentaro Motoki / Staff