DIARY

TITLE : This collection

2017年SSコレクションのアイテムが続々と立ち上がってきております。今季のメインテーマには"REAL JAPANESE WEARS MADE BY REAL CRAFTSMAN" と定め、より日本の職人との繋がりが見えるコレクションとなっております。特に、伝統的なマテリアルを使用したしたアイテムや伝統的な要素を受け継ぎながらも現代にアップデートしたブランドとのコラボレートアイテムを始め、レギュラーのアイテムも、それぞれの職人とのつながりが色濃く反映されたラインナップとなっております。2004年立ち上げ当初から一貫してメイドインジャパンを貫いて12年が経ちました。今は不景気が運びる世の中ではあり、一般的にコスト削減し、品質の低下によるプライスダウンを良しとするコンシューマーと言う流れとなっております。しかし、僕らは敢えて、日本職人との繋がりを濃くし品質の向上を目指し、その中で如何にコストダウンをするかを日々、試行錯誤しております。品質のより良いものを届けるにはやはり、直接足を運び密な打ち合わせが欠かせないものとなります。そうして出来上がるアイテムはやはり他とは一線を画すハイクオリティーなものではないでしょうか。
今後もさらに悪化する傾向が予測されますが、仲間達と同じ方向を向き、チームキャリーとしてまずはお客様に底力を見て頂きたいなと思っております。そうしたチームキャリーの底力が詰まった2017SSコレクションをお楽しみに。

Hiromasa Takahashi / Press