前シーズンにリリースした501XXのリプロダクツデニムを使用した5ポケットのデニムパンツは大きな反響をいただいた。であれば、今季はデニムジャケットをリリースしたいと思うのは当然の流れ。ディテールやシルエットの年代を合わせるとなると、506XXのディテール及びシルエットになる。しかし、そのままでリリースするのではあまりにも面白みがないし、遊び心は取り入れたいところ。

“1st 506XX type” of denim jacket produced by 14 oz denim fabric. Updated larger size specs for this season.

まず目を引くのが襟の無いノーカラータイプに仕立てた点だ。これにより、首元のスタイリングの幅がグッと広がる。背面にはセンターバックを入れて、肩ヨークのハギとセンターバックのハギでTの字になることからTバックと呼ばれるヴィンテージでもこの年代のXLサイズにしか取り入れられていないディーテールを採用。肉厚な14オンスデニムもワンウォッシュすることで、ストレスなく着ることが出来る。是非、遊び心を取り入れたセットアップスタイルを楽しんでほしい。

Jacket is based on center seam of back yoke and very rare extra sizing detail called “T-back” in old days. We removed collar and produce very sophisticated no collar jacket.
We are using same cotton fabric from Memphis as Levi’s was using at initial stage. Singeing technique was not to be cleans as the modern technology at that time, and we totally reproduce as this vintage fabric.