1950年代から1970年代にかけてアメリカ海軍に支給されていたフライトジャケット、J-WFS。日本においては「WEPジャケット」もしくは「G-8」と呼ばれるアウターである。
G-1フライトジャケットが中間気候地帯での活動用に設計されているのに対し、WEPジャケットは重ね着を前提として寒冷地用のフライトジャケットとして設計された。現在ではヴィンテージでも目にする機会が少なく、希少性の高いミリタリーアイテムと言える。

MA-1ナイロンを使用し、オリジナルの大理石柄をプリントしたWEPタイプのフライトジャケット。中綿には羊毛化合織混毛を採用し、リアルなヴィンテージ感を演出。保温性もしっかりと確保した。

そんな市場でなかなかお目にかかることのできないWEPジャケットをデザインソースに、大理石を模したかのようなオリジナル総柄生地を用いて作成したのがこれだ。マテリアルには肉厚のナイロン地を使用し、両胸には大ぶりのフラップポケット、袖の丸胴リブとオリジナルディテールもしっかりと採用した。サイズ感はもちろん、オリジナルパターンのサイズ感に仕上げ、着心地にも注力。

オリジナルのリプロダクツではない日本のブランドが日本人のために創り上げた意味がこのジャケットを通して感じてもらえるのではないだろうか。

 

Marble pattern WEP type jacket ¥62,000+TAX

 

問い合わせ先
STEWARDS LANE TOKYO
03-6434-1278

STEWARDS LANE OSAKA
06-6535-7915